_shared_img_thumb_CRI_IMG_6106_TP_V

こんにちは!いはです。

 

あなたは「ヘアドネーション」というボランティアを

知っていますか?

 

説明すると

髪がないことで自信が無くなった、性格が暗くなった

という人の為にウィッグ(かつら)をつくろうと

いうことから考えられたボランティアです

髪の長いあなたも、ただ散髪屋でカットするのではなく

一度、ヘアドネーションを考えてみてはいかがでしょうか。

 

Sponsored Links

 

ヘアドネーションとは

 

簡単に説明すれば先述してある通り

自分の髪を提供するボランティアということですが

どういった人たちに、提供されるのかという説明をすると

 

ヘアドネーションは小児癌や先天性の無毛症、

白血病や事故などで髪の毛を失った子どもや女性に

人毛100%で医療用ウィッグを無償提供する活動です。

 

このヘアドネーションは海外ではよく知られているボランティアで

ウィッグをもらった子どもや女性たちからも良い評判があるようです。

 

条件って何かあるの?

 

このボランティアに是非とも参加したい!

だけど、条件とか厳しくないの?

と気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

基本的な条件(規定)としては

・30.48cm(12インチ)以上の髪の長さであること

・送るときは髪が濡れていない状態でしっかりと乾いていること

が定められています。

 

※条件(規定)が今後変わる可能性もありますので

最終確認や責任は各自でお願いします。

 

やはり、条件として難しいのは30.48㎝という

長さが一番ネックになるのではないでしょうか。

ただ、短い髪は要らない!と言っている訳ではなく

短い髪は美容師を目指す人の練習用になるんだとか。

(一部廃棄処分もされるそうです)

 

短いと一部廃棄処分もされてしまうので

できるだけ、切る前に長さを測っておくのをオススメします。

ネットで調べるとヘアドネーションをしてくれる美容院があるので

長さや、ヘアドネーションのためのカットもしっかりとやってくれるようですよ。

 

行きつけの美容院でもしっかりと理容師(美容師)さんと

手順を確認&相談してカットすれば全然OKだそうです!

 

基本的な手順としては毛根部分、中央部分、毛先部分の

3ヵ所をゴムなどで少しきつめに括りカットするというものです。

 

注意点

・切り口が揃ってあること

・そのままほどかずに送ること

・上記の条件を満たしていること(長さ&乾いている)

 

Sponsored Links

 

染めた髪でも大丈夫なの?

_shared_img_thumb_DI_IMG_5788500_TP_V

寄付するにあたって疑問に思う事が

・染めた髪でも大丈夫なのか

・パーマなどしていても大丈夫なのか

・年齢や性別の条件はあるのか

ということですが

 

年齢や、性別は条件には含まれておらず

さらには多少ダメージがあったり化学処理をされていても

主観で酷いと思わないレベルであれば大丈夫とのことです。

 

ここまでの条件を見ても分かる通り、

誰にでも寄付することは可能です!

 

といってもやはり男性は髪が伸びるのには

女性よりも長時間必要になってきますし

初めて髪を伸ばす人は約30㎝もの

髪の長さを邪魔に思うデメリットがあるので

覚悟をしておいた方がいいですね。

 

芸能人もやっている!

 

TVなどで人気の芸能人にもヘアドネーションを

している人がいます。

 

今、話題になっているのは水野美紀さんが

ヘアドネーションの寄付をしたということですが

その他には柴咲コウさんがいますね!

 

女優さんなどには、役柄で伸ばしていた髪をバッサリ

切るときもあるのでそういったチャンスの時に

ヘアドネーションを行っているそうです。

 

女優などを通じて日本全体に広まると良いですね!

 

まとめ

 

もう一度最後に確認しておくと

 

ヘアドネーションの条件は基本的には

長さ30.48㎝以上であること

送るときにはきちんと乾いていることで

 

染めてある髪でも、主観的にダメージが

ないように見えるのであればOK。

切るときには三か所を括り、切り口はそろえることに

注意しましょう。

 

あなたの、心意気で病気の子どもや女性を笑顔にできれば

素敵だと思います。

 

Sponsored Links