_shared_img_thumb_tfdrsedf_TP_V

こんにちは!いはです。

 

本屋大賞2016年の一位に輝いた作品

「羊と鋼の森」ですが、買う前に

あらすじや感想が気になりますよね!

 

一部評判が悪い部分もあったのでそこも

しっかりと取り上げていこうと思います!

 

Sponsored Links

 

羊と鋼の森のあらすじ!

 

こちらは公式にあるあらすじです

ゆるされている。世界と調和している。

それがどんなに素晴らしいことか。

言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。

そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。

あるのかないのかわからない、

そんなものにふりまわされるのはごめんだ。

もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。

彼が調律師として、人として成長する姿を

温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

 

ストーリーとしてはピアノの調律師を目指し

悩みながらも成長していく姿を表現している作品のようですね。

 

調律師という職業はあまり見慣れないというか

親しみがない職業ですが

それがまた読者の想像を湧きたてるのではないでしょうか。

 

僕自身このあらすじをみて「こんな感じの内容なのかな?」と

思いついた作品がジブリの「耳をすませば」

私もそれ思った!って人がいてくれると嬉しいです(*´ω`*)

 

耳をすませばの天沢聖司くんはバイオリンを作る仕事をしていたので

”音楽関係で、なおかつ作る側”なので

内容としても似ているのではないかと…

 

感想は!?

 

羊と鋼と森

既に読まれている方の感想をみてみると

流石の一位という事もあってか絶賛の声が多数ありました!

いい本を読みました。調律している場面が目に浮かびます。

ピアノの音が聞こえてきそうです。

 

一人の調律師の成長の話。すごく読みやすかった!

一貫してある、静かで力強い雰囲気が心地いい。

読んでるだけでピアノの音と情景が思い浮かぶ。

 

など、本から音を感じられるなど

一見わけのわからない感想ですが

それほど衝撃を受ける作品なんでしょう!

 

著者である宮下奈都さんは

絵として想像しやすい文章を書くのが上手な

小説家なんだろうなぁ~と考えています。

 

Sponsored Links

 

評判は意外と悪い?

 

_shared_img_thumb_DI_IMG_5783_TP_V

感想では、絶賛されていたこの作品ですが

一部の方からは「う~ん」という意見も!

 

調律を職業にしている者にとっては、

小説の中身を無批判的に信用してもらっては困る。

リクエストすればピアノの音をどうにでも出来るなんて思わないで下さい。

 

音程を基準通りに合わせる調律と、

機械的部分の調整との区別も把握していない。

技術的につじつまの合わない表現が随所に見られた。

※amazonレビュー一部抜粋

 

音楽の知識が乏しいのか、「音」について

食傷気味な浅い表現が多用されています。

 

比喩や発想があまりにも付け焼刃といいますか、

「素人ががんばって書いた感」が

最初から最後まで抜けなかったように思いました。

※Amazonレビュー 一部抜粋

 

と音楽に携わっている人や

実際に調律師として仕事をなされている方からすると

あまり評判はよくないようですね!

 

ただ、この批判していた人たちも

”本の内容に厳密さは求めていないけれど…”という前提の

レビューであるように思いました。

 

確かに、本職としてやっている方からすれば

「ん?なんかおかしくない?」と感じて

自分には合わないな~となっても不思議ではないですからね。

実際に僕も本を読んだりしてそういった経験もありますし。

 

こういった小説や漫画などは

自分の知識の方が詳しい場合というのがありますから

 

そうなったときに

読む側としては温かい目といいますか、容認しながら

技術面がどうのこうのというのではなくて、

”ストーリーを楽しむ”ことが重要ではないかと思います。

 

近年ではネット上での情報が円滑になり

こういったマイナスなレビューをみて

「買うのやーめた」となる人も多いのではないでしょうか?

 

僕としては、たとえ悪評があろうとも

興味が湧いたのであれば実際に読んでみて

自分の感性で本(ストーリー)を楽しめる人

増えればいいな~と思います。

 

宮下奈都さんの家族についての記事はコチラ!

 

Sponsored Links