_shared_img_thumb_LOK_stajiamunokankyakuseki_TP_V

こんにちは!いはです。

 

MLBのシカゴ・カブスで活躍する投手

ジェイクアリエッタ選手が

2年連続で無安打無得点試合を達成したことが

話題になっていました。

 

2年年続でMLBのプロ相手にそんなことできるなんて

ただ者じゃありませんよね!

そんなジェイク・アリエッタ選手の球速や決め球などについて

調べてみました。

 

Sponsored Links

 

球速はどれくらい?

 

日本でいま大注目されている選手といえば大谷翔平選手

なわけですが、彼のMAXの球速は160kmを超えてきますよね。

 

やはり、それくらいの速度を出すにはある程度

ガタイが良くないと出せないわけですが

 

ジェイクアリエッタ

ジェイク・アリエッタ選手は

身長:193㎝ 体重:102.1kgという恵まれた体型で

MAXの球速は97.7mphで約157km!

 

大谷選手よりは若干速度に劣る物の充分な速さで

剛腕投手と呼ばれるレベルです。

 

ボールのキレでいうと大谷選手と同じくらいに見えますが

ジェイク選手のボールには重さがあるように感じます。

 

Sponsored Links

 

決め球は3種類!?

 

ジェイク・アリエッタ選手の決め球について

調べてみると

 

縦スライダー、カーブ、チェンジアップ

の3種類があり、約15%の空振り率なんだとか!

動画を見ていて思ったのがやはりカーブのキレがすごい。

一見縦スラと同じような変化のようにも見えますが

右バッターに対して

インコースから一気にアウトコースまで曲がる

ようなとてつもない変化をしていました(笑)

 

MLBではカーブ自体が結構珍しく

打てる選手が少ないと聞きますが、それに加えて

この変化では手も足もでないのも納得できますね!

 

縦スラにおいてもバッターの手元からワンバウンドする

ような球ですし、手首と指先が柔軟かつ力強くないと

あの変化は出せないと思います。

 

もう一つの変化球としてジェイク選手はシンカーを持っていますが

これも右バッターに対してはかなり有効で

逃げるようなカーブとは逆にインコースに入ってくる球で

これに詰まらされたり、三振したりする選手もちらほら

いる印象がありました。

 

主に、主体的にシンカーは使っているようなので

ナチュラルな変化にも見えますが

4シーム(ストレート)もありますし

 

実質決め球は

シンカー、縦スラ、カーブ、チェンジアップ

4つほどあると思います。

 

変化球のすべてが決め球とななるので

恐ろしい投手ですね(笑)

 

今後の活躍にも期待が高まります!

 

Sponsored Links