こんにちは!いはです。

 

2016年

漫画対象第3位を獲得した漫画

「BLUEGIANT」を読んだ感想やレビュー

主人公の魅力について語ろうと思います。

 

Sponsored Links

 

1巻のあらすじ

 

※できるだけ気を付けますが少しネタバレを

含んでしまう場合があるので嫌な人は飛ばしてください。

 

BLUEGIANT

 

本作、BLUEGIANTの主人公は

高校3年生の宮本大(みやもと だい)。

 

舞台は仙台の広瀬川から始まる…

 

部活はバスケット部だが、スポーツ(自分)の限界

を若くして知ることになる”大”。

 

そんな中彼が友人に勧められ聞いた

生演奏のJAZZ(ジャズ)で心を打たれ

音楽の道に歩みだす…

 

彼が手にしたのは”サックス”

寒かろうが暑かろうが、

雨だろうが雪だろうが毎日

河川敷で吹き続ける”大”。

 

音楽に無限の可能性を感じる

”宮本大”が自分のJAZZで様々な人の

心を打ち抜いていくストーリー。

 

 

Sponsored Links

 

一巻を読んでの感想・レビュー

 

_shared_img_thumb_ELL75_yousyohondana20120620_TP_V

 

まず、初めに言いたいのが

漫画大賞3位とは思えないレベルの大作。

※ちなみに1位ゴールデンカムイ、2位ダンジョン飯

 

 

僕は読書が好きでよく読むのですが

無音の空間だと集中できないタチで

読書にあうjazzは前からよく聞いていました。

 

そんな中出会ったこの作品ですが

JAZZに対する熱意が一巻からものすごい

伝わってきます!

 

多くの人はジャズやクラシックは

聞き流す程度だと思うのですが

この作品を読むと一気に変わります。

 

ジャズを聞いたことが無い人も

絶対に聞きたくなりますよ!(笑)

 

 

主人公”大”と絡む登場人物を

少しずつ虜にしていく”大”に

羨ましいと思う反面

ただひたすらに突き進む大切さみたいな

ものも感じました。

 

自分がまだまだなんだな~と

思い知らされる作品でもありますね。

 

あまりに一巻が面白かったので

月一冊ずつ買う予定を急きょ変更して

まとめ買いしちゃいました(笑)

 

 

良い点ばかり挙げるのもなんだと思うので

少しこの作品のデメリットを挙げると

 

楽器について詳しくないひとは

ちょっとだけ難しい所があるかな~

という印象。

 

楽器の特徴やJAZZを知らない人だと

どんな曲なんだろう?どんな音なんだろう?

と思うところがあるんじゃないかな~と

思いますね。

 

僕も全然、音楽には詳しくないですが

楽しめる作品でしたよ!

 

逆にそれで興味をもって調べていくと

新しい発見もあって面白いと思います。

デメリットというよりは

”きっかけ”を作ってくれている感じですね

 

主人公の魅力!

 

1BLUEGIANT

 

音楽と聞けば大体の人が”諦める道”

そんな中主人公の”宮本大”は

「俺ならできる」と信じ、

ひたすらまっすぐ自分の道を歩み続ける姿は、

読者にも勇気や希望を与えてくれます。

 

最初は誰もが初心者だという事を

教えてくれ、”努力”の大切さを学べる

作品でもあるかと思います。

 

高校生らしい、物知らずな行動力と

若さが良い感じに引き立っている作品で

悪く言えば”単細胞”な主人公ではあるのですが

そう思えない程にまっすぐ過ぎる。

 

何か忘れたものを思い出させてくれるような

感覚でした。

 

漫画と聞くと、世間ではいい印象を

受けない分野ではありますが

子どもにも勧められる漫画だと

個人的には思いますよ!

 

絵柄がどうのこうのと言う前に

内容を知って欲しい作品です。

 

ときたま、LINE漫画などの

電子書籍サイトで”一巻無料!”なんてのを

見かけたので参考にして見て下さいね!

(時期が悪いと中々出てこないかもしれませんが)

 

 

Sponsored Links