こんにちは!いはです。

 

最近、ハマっているじゃがりこですが

中々新作のうま辛チキン味が店頭になくて

探しまくってます。

もしかして、もう販売終わった…?

こういうところでやっぱ田舎だな~…

と実感させられました(笑)

 

 

さて、西尾維新先生が書く物語シリーズ

化物語から始まってかなりの年月が

経ちましたが

 

業物語の次に発売されることが判明した

「撫物語」が7月29日に刊行!

 

気になる、あらすじや

ストーリーの内容などの予想

時系列などについて考察してみました!

 

Sponsored Links

 

撫物語のあらすじは?

 

_shared_img_thumb_ELL75_yousyohondana20120620_TP_V

 

物語シリーズの第一巻となる

化物語が2006年11月1日に発売されてから

はや10年近くが経とうとしています。

 

西尾維新先生が100%趣味で書いている

というキャッチフレーズ(?)で

発売されていますが

物語の構成力は流石ですよね。

 

そして、7月29日に発売される「撫物語」

まだまだ、情報が公表されていませんが

あらすじがかなり気になりますよね!

 

調べてみるとやはりあのキャラクターがメイン!

かつて神様だった少女・千石撫子。

夢を追い、現実に追いつめられる彼女は、

式神童女・斧乃木余接の力を借りて、

分身をつくることに成功する。

しかし4人の「撫子」達は、

ばらばらに逃げ出してしまい……?
※参照 Amazon「撫物語」

 

とAmazonのあらすじ部分に

書かれているのを発見!

 

”撫”という文字で予想できる通り

千石撫子がメインで登場することに

なっているようです。

 

物語シリーズでも最初は可愛らしい性格だった

千石撫子。

 

途中から狂気的というかヤンデレ風に描かれ

好き嫌いがはっきり別れる

キャラクターとなったと思います。

 

そんな撫子ですが今回の作品で

汚名返上できるか個人的に楽しみです!

 

Sponsored Links

 

ストーリーの内容を予想!

 

_shared_img_thumb_tfdrsedf_TP_V

 

あらすじから見る限りでの登場人物は

千石撫子と斧乃木余接。

 

最近、斧乃木ちゃんの登場回数が

滅茶苦茶増えた気がするのは気のせいか…

 

あらすじを見て予想できることをまとめてみると

・撫子が神から人にもどってからの1人語り。

・撫子と斧乃木ちゃんの出会い

・撫子が漫画家の夢を叶えるべく活動するも

 壁にぶちあたる。

・斧乃木ちゃんに解決法を相談

・斧乃木ちゃん謎の分身を提案

・分身撫子が逃走し非常事態

・撫子自身で問題解決

 

前作「恋物語」で貝木に神から人へ

戻してもらった撫子。

 

さらに

騙されたと思って漫画家を目指してみろ。

と貝木に言われ

「騙されてあげる」と話したことから

実際に漫画家を目指すストーリーになるでしょう。

 

撫物語は撫子が成長する過程を書いた

のではないかと予想されます。

 

斧乃木ちゃんがなぜ分身を提案したのか

という事についてですが

漫画家なら”周り(外)の情報からヒントを得ろ”

みたいなことから分身することに

なったのではないかと予想してみました。

 

他にも、漫画のアシスタントとして

”分身撫子”を作りだしたとか色々考えられますよね!

 

しかし、それでも逃げ出した分身たち。

阿良々木が関わることは流石に無さそうだし

何が原因で分身たちが

逃げ出したのかも不明ですが

問題解決は撫子が自分で

してしまうのではないかと思います!

 

それと、おまけに

題名は”分身”というところから

”なでこアバター”

になるのではないかと

勝手に予想してます(笑)

 

 

時系列は!?

 

_shared_img_thumb_PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V

 

物語シリーズで色々と面倒なことの

ひとつに時系列があるかと思います。

 

後に刊行されたのに前作よりも

昔の話だったり、めちゃくちゃ後の話だったり。

(それを考えるのが楽しみでもあるのですが)

 

結論から言うと

今回の「撫物語」は恋物語の後のお話に

なるかと思います。

 

つまり撫子が神様から

人間に戻ってからのお話で

”撫子視点”で考えるなら最新話。

 

この頃はおそらく”冬休み後”という事に

なるでしょから

 

このころの阿良々木は何をやっているのかというと

臥煙さんとのやりとり中ではないかと。

巻でいうと「終物語下」の頃ではないでしょうか

 

ちょうど、神社に神様がいなくなって

八九寺を新しい神様に代用する頃なので。

(間違っていたらごめんなさい。)

 

 

最近は引き延ばしだの、惰性で読んでいるだの

言われたりしていますが

 

まぁ、なんだかんだで僕は楽しんで読めていますし

終わって欲しくない気持ちが強いので

新作はやはりうれしいですね。

 

確かに、終物語が発売して

このシリーズ物語も終わるんだ…

と読んでいると次巻の予告があったりして

「終わらないのかよ!」

とは思いましたけど(笑)

 

Sponsored Links