こんばんは!いはです。

 

最近、近所にジムが出来たということで

通おうかどうか決めかねています。

ぶっちゃけ高い月額料金を払うなら

トレーニング器具をかった方が得なんじゃ

ないのかと思ってしまいますね(笑)

 

さて、話題となっている高校野球予選

玉野光南ー創志学園の試合。

 

玉野光南がゲッツーで試合終了

となったはずが、

まさかの自打球判定に覆り

その後点を取られて敗北。

 

これについてネットなどでも

様々な意見が飛び交っていますね。

 

自打球が本当なのかという真相や

審判の判定、判断について

考察してみました。

 

Sponsored Links

 

玉野光南ー創志学園自打球の真相は?

 

高校野球岡山大会の決勝で起こった珍事。

9回表玉野光南のピッチャーが投げた球を打ち

ゲッツー、試合終了に思われたが

創志学園の抗議により判定が覆った。

その後、創志学園の攻撃は続き

結果この回4点を奪って逆転勝利。

 

野球

 

まず、気になったのは

本当に自打球だったのか否か。

 

実際にTVで見ていたというコメント

があり拝見したところ

「本当に自打球だった」とのことでした。

 

実際にあった動画を見てみたのですが

打者はハーフスイングをしてピッチャーゴロに。

しかし、この時打者は一塁に向かおうとはせず

ファールを訴えている仕草が見られました。

 

とはいえ、玉野光南はプレーを続け

ピッチャーが2塁へ送球、

ショートが1塁へ送球し

塁審はアウトと手を挙げていた。

 

これをみて玉野光南の選手たちは

勘違いをしてしまったのだと思いますね~。

 

主審の動きを見ていると

フェアとされていましたし

創志のバッターも自打球は訴えたものの

審判にプレーを中断せさてもらえなかったため

後に抗議することになったのでしょう。

 

審判の判定や判断について!

 

bsYOTA93_minogasanai15133536

 

ここからはあくまでも個人的な意見かつ見解

になるのでご了承ください。

 

 

2塁の塁審もアウトと判断し問題はありません。

(あたりまえですが3塁の塁審は今回無関係。)

 

問題なのは1塁の塁審です。

ここでファウルボールの場合は

両手を上に大きく挙げるはずなのですが、

アウトと片手を上げたため

これにより勘違いが起きてしまいました。

 

Sponsored Links

 

勘違いの原因について!

 

これについてネットでは批判する声

もあるのですが

正直、この判断はかなり難しいですし

僕としてはアウトの判定をしてしまっても

不思議ではないと思います。

 

甲子園のかかった試合かつ最終回だったという

こともあって、玉野選手たちは最後の最後で

冷静さを失っていたように見えます。

(気持ちは充分に分かりますが…)

 

前述したように主審は

フェアと判定をしていました。

とはいえ打者はファウルだと確信。

それでもプレーが続いていた場合

塁審はとりあえずファウルでも

アウト、セーフ、ファウルを

判断してしまうものです。

 

それがもし

インプレ―(ファウルではなかった場合)

その後の野手のプレーに支障が出る為です。

 

それを考慮すると今回の

塁審がアウトと判断し片手を上げたのも

僕としては仕方のないことだと思いました。

 

とはいえ、少し審判の判断も遅かったかな~

とも思いますね。

このような自打球は主審には見にくく、

打者のアピールや塁審が見ていなければ

いけなかったりと色々なことが原因で

今回の珍事が起きたのではないかと思います。

 

それでも事実ファウルですし

判定は間違いではないのです。

これを見ると

なんとも言えないですよね…

 

創志学園には彼らの分まで

甲子園で暴れて欲しいと思います!

 

 

Sponsored Links