こんにちは!いはです。

 

フィギュアスケートGPシリーズ

デビュー戦で2位発進となった

三原舞依に注目が集まっていますね!

 

3回転ルッツ―

3回転トーループの連続ジャンプ

ダブルアクセル

を綺麗に決めた彼女の今後にも

かなり期待が高まるところですが

 

彼女は難病を乗り越えての出場。

原因不明の関節炎ということですが

この難病はもう完治されているのでしょうか?

再発する可能性などについても

気になったので調べてみました。

 

Sponsored Links

 

三原舞依ってどんな選手!?

 

まず、この三原選手がどんな人物なのか

ということについて調べてみました。

 

%e4%b8%89%e5%8e%9f%e8%88%9e%e4%be%9d

名前:三原舞依

出身:兵庫県神戸市

生年月日:1999年8月22日 現在17歳

身長:154㎝

 

憧れの選手は浅田真央さん

ということですが

まぁ、この年代は大体

あこがれの選手となれば

真央ちゃんになるのかね?

 

2012-13シリーズでは

全日本ノービス選手権3位

全日本ジュニア8位

プランタン杯ノービスクラス優勝

 

2014-15では

JGPリュブリャナ杯6位

全日本選手権9位

 

最近の2016-17では

ネ―ベルホルン杯優勝

手堅く成長してきたイメージ。

 

[quads id=2]

 

三原舞依の難病とは

 

スケート

 

既にご存知の方が多いかと思いますが

彼女がかかった難病とは

若年性特発性関節炎というもので

若年性リウマチとも呼ばれる病気。

 

原因不明ということもあり

4ヶ月も練習できない状態が続いたとのこと。

そこからまた這い上がってくるというのは

並の神経じゃないですよね。

 

 

僕も野球をしていたころ、よくある

野球肘というものになったのですが、

 

他のチームメイトは普通に

ボールを投げて練習しているのに

僕はというと走り込みやノックの

手伝いなどばかりで

精神的にかなり応えました記憶が。

 

そんな野球肘なんかよりも

難病にかかった三原さんの練習できない期間

というのはかなりキツかったと思います。

 

それでも乗り越えて、今回のGP

好発進は本当にスゴイことですね!

是非ともこのチャンスを生かして

今後も頑張って欲しいです。

 

難病が再発する恐れは!?完治はしていないの?

 

絶望

 

難病いうからには気になるのが

再発する恐れがあるのかどうか

ということ。

 

そもそも、”乗り越えた”とはいっても

”完治した”のでしょうか?

 

調べてみると三原選手は

月一回炎症をおさえる点滴を

しながら練習に取り組んでいるそうで

実際のところは”乗り越えた”とはいっても

”完治した”というわけではなさそうですね。

 

いま現在もこの難病と闘っている

ということから”再発”するということは

まずないですが、”悪化”することは

あるかもしれないので

身体には気を付けてこれからの

スケート人生を歩んで欲しいですね!