こんにちは!いはです。

 

グランドジャンプで連載されている

人気漫画「不能犯」が実写映画化

されることが明らかになりました。

 

主演は松坂桃李さんということですが

実写映画となると付きまとってくるのが

批判や評判ですよね。

 

原作イメージを大事にしたいファンから

すると”実写版”というのは嫌われがち。

 

今回の「不能犯」での評判などは

どうなのか調べてみました!

 

Sponsored Links

 

不能犯ってどんな作品!?

 

虫メガネ

 

まず、公開される不能犯という作品ですが

簡単にあらすじをまとめると

”不能な犯人”ということですね(笑)

 

主人公・宇相吹が持つ特殊な技によって

いわゆる対象を”洗脳”状態に。

そこからは宇相吹の思うがまま…

 

この特殊能力を利用し

請負人として依頼を受け

仕事をこなしていく宇相吹。

 

読者たちも手のひらでこの宇相吹に

転がされているような感覚で

原作もかなり人気となっていますね!

 

僕も少し原作を読んだのですが

ちょっと鬱気味な作品になっていて

まさにダークヒーロー。

実写版ではどう表現されるのか

という部分には興味がありますね。

 

実写版主演松坂桃李の評判や批判は!?

 

悩み

 

冒頭でも述べましたが、こうした原作作品が

漫画であったりアニメであると

元々あったイメージが崩れる、合わない

ということで実写版というのは

近年、嫌われがちな印象があります。

 

今回の不能犯での評判や批判について

調べてみたのですが

 

予想より評価が高く、非難する声はあまり

見かけませんでした!

 

僕も松坂桃李さんをキャストに選んだのは

かなり正解だったのではないかと思いますね~!

 

身長が高くイケメンでダークヒーローも似合う

今回の実写化には最適な人材ではないかと。

 

実写化で批判されないようにするには

 

絶望

 

それにしても、批判されがちな実写化で

批判されないようにするには

どうすればいいのでしょうか?

 

僕の個人的な意見ではあるのですが

”作品を選ぶ”ことが第一条件ですね。

 

実際のところ、キャストとかはどうでも良くて

”原作を表現できるか”というところが問題

なのではないかと思います。

 

まず僕が間違いなく失敗すると思う

実写化は”ファンタジー要素”が絡んでくる作品。

 

製作予定がある実写映画をいくつか取り上げると

・鋼の錬金術師

・東京喰種

・ジョジョの奇妙な冒険

・BLEACH など。

これらの作品はファンタジー要素が多く含まれており

 

ハガレンであれば”錬成”

ジョジョであれば”スタンド”

などの”表現がチープになる”ことが

まず嫌われる理由になっているのではないでしょうか?

 

一方、成功した実写映画といえば

・ピンポン

・のだめカンタービレ

・釣りバカ日誌

・テルマエロマエ

など人情を描いた作品だったり

”ファンタジー要素”が少ない作品がほとんど。

 

「不能犯」も”洗脳”という多少の

ファンタジー要素的な部分はあるものの

具現化して目に見えるわけではないですし

実写化の評判が悪くないのも

この”ファンタジー要素”が関わってくるのでは

ないでしょうか。

 

最近では映画「ミュージアム」だったりも

ファンタジー要素は少ないですし

話題になってますよね。

 

”人気作品”だからといっても

成功するにはある程度、

法則というものがあるかもしれません。

 

Sponsored Links