ジブリ映画の作品「耳をすませば」。

主人公”雫”の成長を描いた

作品でもありますが

 

ジブリには”原作”というものが

多く存在する。

 

映画の耳をすませばにも原作があり

その違いが気になったので調べてみる事に!

 

作中に登場する隠しキャラ(ジブリ)や

猫の恩返しとの繋がりについても!

 

Sponsored Links

 

耳をすませば原作と映画の違いは!?

 

 

先述したように「耳をすませば」には

原作が存在し、原作は柊あおいさんが描いた

「耳をすませば」。

 

集英社・少女漫画雑誌「りぼん」にて

1989年8月~1989年11月

まで掲載された作品。

 

話の長さとしては

単行本一冊で終わるほどのストーリー。

 

8月を含んでも4ヶ月と短い掲載

だったようですが、当時は

人気がなかったのかな?

「りぼん」での平均掲載期間が

よくわからないから何とも言えないが…

 

それとも単純にストーリーを終わらせると

この長さになっただけなのか…

 

とはいえ、ジブリ映画とは

絵柄はだいぶ違ってきますが

やはり原作というのは尊重されるもので

相当な高評価を得られている作品

というのも事実。

 

さて、ここで気になるのが

映画と原作との違いということだが

一体どういったところが違うのだろうか。

 

  • 天沢聖司の夢

え?ここが違うのか!?と驚いたのですが

どうやら原作では”画家”を目指している聖司。

ご存知の通り映画では”ヴァイオリン職人”で

夢が全く違う。

 

あくまでも個人の見解ですが

映画では楽曲に「カントリーロード」が

採用されたため、画家よりもヴァイオリニストに

変更した方が何かと話をつなげやすかったり

展開を広げやすかったのではないか

予想しています。

 

  • 月島雫と天沢聖司の年齢(学年)

ジブリ映画では中学3年生設定だが

原作では中学1年生となっている。

 

柊あおいさんの絵柄は確かに

それなりに幼く見えますね~

 

これまた個人の見解ですが

掲載が「りぼん」で対象年齢的に

小学生ということで

原作では中学1年生となったのではないか

と思われます。

 

ジブリはどんな世代でも見られる作品ですし

中1というのは「あまりにも幼い」

ということから中学3年生に

設定変更されたのだと考えられますね!

 

ちなみに原作の続編では

耳をすませばー幸せの時間ーという

作品もありますが

ジブリ映画のその先がわかる

という訳ではないようです。

 

あくまでも原作のアフターストーリー

と思ってよさそうですね。

 

  • 雫の姉:汐と聖司の兄:航司

映画では登場しない聖司の兄:航司(こうじ)

が原作では登場。

 

しかも雫の姉である汐(しほ)と

恋愛関係にあり汐は大学生設定

(映画では高校生設定)となっている。

 

映画では作中冒頭に汐が雫に手紙を

ポストに入れるように手渡すシーンがありますが

実は原作では航司宛てに書いた手紙

となっているようだ。

 

映画はおおよその時間は定められているし

雫をメインにする以上、航司と汐の恋愛を

描く必要はないとして

ばっさりカットしたのではないかと

思われますね~。

 

カットしながらも話を進めるということは

映画作成の難しいところでもあるように思います。

というよりジブリはここが

異常なほどうまいと感じさせる(笑)

 

  • 猫ムーンの違い

映画、原作共に登場する猫ムーン。

のらりくらりとした猫で

マイペースなイメージですが

 

映画は茶色がかった毛色で

片耳の部分は黒の配色。

しかし、原作では真っ黒な猫

となっています。

 

これはジブリ作品「魔女の宅急便」

に登場するジジとキャラが被るため

デザインを変えたとされています!

 

さらに原作にはムーンの姉猫ルナの登場も。

こちらも時間の都合上やキャラ設定変更上

カットされたと思われます。

 

 

おおよその原作と映画の違いというのは

これくらい。

しかし、言葉で説明するのと

実際に見てみるのとでは大違いで

 

一部では

「全く別のオリジナル作品のように違う」

という意見も見かけるほど。

機会があれば原作も見てみたいですな。

 

Sponsored Links

 

隠しキャラの登場や場面について

 

ジブリでは違う作品に登場している

キャラクターが隠しキャラ(隠れジブリとも)

として表現されていることも。

 

耳をすませばでの隠しキャラを調べてみると

他作品と比べてもかなり隠しキャラが

多いように見える。

 

画像で説明してもいいのだが

少し遊び心を加えて

言葉だけの説明にしてみます!

是非映画の作中で見つけてみてください。

 

  • 地球屋の古時計に紅の豚

雫が訪れた地球屋にある古時計。

実はこの古時計には

紅の豚に登場する主人公

”ポルコ・ロッソ”のサインが刻まれている。

表記は英語

 

世界一かっこいい豚のサインが入った

古時計…是非とも欲しいものだ。

 

  • TOTORO(トトロ)と書かれた本

これは正直見つけるのにはかなり苦労する

 

場所は雫が図書館で本を探すシーン。

歴史210と書かれたとなりの棚で

雫が本を探しているのですが

中段の倒れかけた本に

「TOTORO」と書かれた題名の本が存在!

 

流石に、一時停止機能でも使わないと

絶対見つけられないと思うんだけど…(笑)

 

  • 千と千尋の神隠し原作本

こちらは意外と知られている隠しアイテム。

※個人的にはTwitterで広まったイメージ

 

図書館で聖司が持っている

「霧の向こうのふしぎな町」というタイトルの本

だが、これはジブリで1番の動員数を誇った

「千と千尋の神隠し」の原作。

 

ご存知だろうが「千と千尋の神隠し」は

「耳をすませば」のかなり後に作られた作品。

宮崎駿はこのころから

構想を練っていたのだろうか…

そうじゃないとしても「スゲェ」の一言。

 

  • 海が聞こえる登場人物

今までは隠しキャラというよりは

隠しアイテムではあったが

しっかりキャラクターとしても

隠されていたのが

「海が聞こえる」の里伽子と拓。

 

雫がお父さんに弁当を届けるところの

向原駅から電車に乗るシーンにて

向かい側のホームに登場している。

 

残念ながら顔は小さくて

表情はうかがえない…

 

  • またトトロ!

先程は図書館にトトロと書かれた本が

あることを説明しましたが

実はもう一ヶ所トトロを見つけることが。

 

それは猫の男爵バロンを制作するシーン。

棚下段に青と白の中トトロ、小トトロの

置物が存在しているのが見える。

 

  • 部屋に魔女の宅急便

そしてもう一つの作品が魔女の宅急便。

 

雫の部屋の勉強机の上段に

魔女の宅急便のキキを模した人形が

飾られているのが分かる。

 

正直これは”キキ”と言えるのかは

微妙だが…まぁ魔女ということで

おそらく意図的にデザインされた

隠しキャラとされているようです。

 

耳をすませば [ 柊あおい ]

価格:648円
(2017/1/27 01:58時点)
感想(18件)


さて、以上となりますが他の隠しキャラ

も見つけられていないだけかも…

※バロンについては意図的に書きませんでした。

 

まぁ、見つかっている段階だけでも

6つも隠しキャラ(隠しジブリ)が

存在していることが分かりますし

この作品はかなり多いことが伺えますね!

 

猫の恩返しとの繋がり

 

 

隠しキャラ(ジブリ)を紹介しましたが

耳をすませばの一番見つけやすい

隠しキャラといってもいい

”バロン猫の男爵”。

 

バロンはジブリ作品「猫の恩返し」の

主要キャラクターとして登場し

世の女性たちをキュンキュンさせたと

思うのですが

(彼の紳士さに男の僕でも惚れました。)

 

実はこの”バロン猫の男爵”の原作者…..

そうです柊あおいさんです!

 

バロンのデザインについては

原作もジブリも基本的には変更はなく

そのままジブリにも適用されたようですね。

 

”猫の恩返し”という作品は

耳をすませばの主人公

月島雫が書いた小説と言われ

その小説がさらにジブリにアニメ映画化

されたという辻褄があう説だと

言われています!

 

未だにジブリの過去作品からも

驚かされることが沢山ありますなぁ…

やっぱり宮崎駿はスゴい。

 

 

Sponsored Links