WBCも終わり、日本プロ野球がスタートして

新しい野球ファンも増えている中

楽天の嶋基宏選手の後頭部にデスパイネのバットが直撃し

倒れるというアクシデントが発生。

ケガの容体や原因、復帰などについて調査してみました。

 

Sponsored Links

 

嶋基宏ってどんな選手!?

 

 

プロ野球を見ている人であれば嶋基宏がどんな選手なのか

ということは知っているでしょうが、改めて。

 

 

嶋基宏選手は楽天で活躍する捕手で

守備面では二塁送球を1.9秒という速さをコンスタントに

出せるほどの強肩&正確さで

打率は通算10年で2割5分とまぁまぁな出来。

 

田中将大時代には最優秀バッテリー賞なども

獲得しており2015年には1000試合出場も果たしている。

年俸からも4年契約1億と

中々優秀な選手であることがわかりますね。

 

嶋基宏の後頭部にバット直撃!

 

 

もともと、ケガが多かった嶋基宏選手。

過去にも左手豆状骨骨折と左手三角骨亀裂骨折

などをしており、ケガが多い選手でもあります。

ただ、今回は腕ではなく後頭部に直撃するという大惨事。

野球をやっているとキャッチャーの腕(ミット)に

バットが当たるということは

さほど珍しいということでもないのですが

 

後頭部ともなると、見たことがないですし

流石に笑えない・・・

工藤が笑っていたというコメントを多数見かけたが。

実際にこれ見て笑えたというなら

とんでもないサイコ野郎にしか思えないぞ。

 

デスパイネもわざとではないだろうが、

後頭部に当たるっていったいどんなスイングしてんだ・・・

フォロースルーがいくらなんでも大振りすぎるし

どこか、悪意がありそうな感じの一件でしたね。

 

Sponsored Links

 

嶋基宏のケガの原因は立ち位置?

 

キャッチャーが、バッターのスイングに当たる

ということはそこまで珍しいということではない

といいましたが

 

やはり、ケガをするのにも原因があったりする。

ひとつ、言えるのはキャッチャーの立ち位置。

座り位置と言った方がいいかもしれないが

 

やはり、前に出てしまえばしまう程

バッターとの間隔が狭まり、

スイングに巻き込まれる可能性も高くなります。

 

ただ、嶋基宏もプロですし一般人より野球と

長く向き合っている訳ですから

後頭部にバットが当たるなんてことは

まず無いと思うんだがなぁー・・・

 

 

 

 

嶋基宏の後頭部のケガの容体や復帰について

 

 

嶋基宏選手の後頭部のケガの容体などについて

調べてみたのですが

今のところ最新情報は入ってきておらず。

 

ただ、全く動けず、担架で運ばれるくらいだったので

いくらヘルメットをしていたといえども

外国人選手の大振りスイングの衝撃を考えると

骨折をしていても何ら不思議じゃない。

 

意識があるだけまだ安心できる部分はありますが

2度も頭に当たるおお振りスイングをしたデスパイネ。

なにかしらの処分があるべきだと個人的には思うのだが…

 

この手の事故に毎回思うが、痛い思いをしたのに

打撃妨害となるのってなんかおかしいんだよなー。

今回なんてあからさまだったし・・・

 

ケガの容体も分かっていないので、復帰についても

今のところ情報はありませんが

楽天の要ともなる選手ではありますし、

できるだけ早く戻ってきてほしいところですね・・・

 

Sponsored Links