千葉ロッテがWBCでも活躍を見せた

ロエル・サントスを獲得する可能性がある

ということが報道でありました。

 

”走り打ち”でも有名なロエル・サントスですが

ロッテ加入で打順は1番で固定されるのか

ということについてや

 

気になる塁間スピードや盗塁(スチール)の評価

なども調査してみました!

 

Sponsored Links

 

ロエル・サントスってどんな選手?

 

日本の報道でも取り上げられていましたが

ひときわ目立つロエル・サントスの”技”が

走り打ちですよね。

 

 

この独特の打ち方は実は野球よりも

ソフトボールなどで見られる打法の一つ。

 

実際にルール違反ということもなく

バッターボックス内で加速しながら打つ為

ボールを打つ→走るまでの動作が極端に短くなります。

 

そのため、バットに当たれば内野安打の確率も高くなり

そこから得点のチャンスへと繋げることもできる

ということですね。

根本的に足が速くなければできない打法ではあります。

 

日本人選手でもイチローなどは内野安打を量産している

イメージがありますが

この二人、どこか体型は似ているような…

 

イチローと同じく足をいかした守備にも

定評があり、もしロッテが獲得すれば

猛威を振るうかもしれませんね。

 

Sponsored Links

 

ロエル・サントスがロッテ加入で1番固定か?

 

そんなロエル・サントスではありますが

基本的に足が速い選手は1番、2番バッターに置かれる

ことが多いですよね。

 

明らかに足が速いと分かっている選手でもある

ロエル・サントスですがロッテにもし加入となれば

やはり打順は1番になるのでしょうか?

 

実際にロッテの現在の1番を調べてみると

・岡田幸文

・萩野貴司

・伊志嶺 翔大

・加藤 翔平 など

まだ、”1番はこの人だ!”とがっちり固まっている

選手というのはいないっぽい。

 

どちらかというと萩野、加藤の2人で

ローテーションしている感じではあるのですが

この中に、ロエル・サントスが加入となり

ある程度の活躍さえあれば

大きな戦力となり、”1番固定”になる可能性も

充分に考えられますね。

 

まぁ、外国人選手ってのはムラがあって

折角獲得したのに使い物にならねぇ!

ってこともあるのでね。

ケ〇ン・ウ〇ットみたいに。

 

塁間スピードや盗塁の評価は!?

 

 

俊足と言われるロエル・サントスですが

塁間スピードや盗塁の評価が気になったので

調べてみる事に。

 

他の俊足選手などと比較してみると

イチロー:約3.7秒

中島卓也:3.66秒

と言われている中

 

ロエル・サントスは国内でも最速選手とされており

あくまでも”推測”とはされていますが

3.5秒を上回っているのではないかと言われています。

 

盗塁についても年20盗塁以上を決めたのが3回もあり

キューバ国内リーグの2015年では29盗塁をしている

という怪物クラス。

 

まぁ、山田哲人がトリプルスリーを記録し

若干、見栄えが悪い部分もありますが

この走力は充分な武器になることは確か。

 

今後ロッテが本当に獲得するのかどうか

というところは注目したいですね。

 

Sponsored Links