福岡で起きた3億8000万の事件。

東京都足立区の会社員の男性が福岡で

約4億円もの大金が奪われたという事件。

 

ものすごい金額で驚いた人も多い中

これに、不信感を抱いた人も多い事でしょう。

 

犯人は別として、この被害男性が何のために

4億円もの大金を下したのかという話や

職業、脱税の疑いなどについても調査してみました。

 

Sponsored Links

 

犯人は韓国人で逮捕!?

 

 

4億円が強奪されたという事件を目にして

驚いた人も多いのではないでしょうか?

 

強奪に遭った被害男性は逃げた車を追いかけ

警察に通報し、その後韓国人が逮捕される

ということになりました。

 

逮捕された場所が福岡空港だったこともあって

恐らく韓国への逃亡をはかったとされていますね。

 

3人組でこの人物を狙ったという

計画性も感じられた事件です。

 

3億8000万の使い道って何だったの?

 

 

犯人は逮捕されましたが、腑に落ちない今回の事件。

怪しんでいる人もかなり多い事でしょう。

 

というのも

会社員で4億もの現金を下すことがあるのか?

ということ。

いやいや、怪しすぎんだろ!

 

29歳でまだ若いですし、そのお金を手にするには

まともに働いているだけでは得られないと思うほど。

 

他にも

・東京都足立区の人間が福岡で被害に遭っている

・犯行が全て知っていたかのような計画性

といった怪しい部分が満載。

クサすぎるぜ、この事件…

 

そもそもこの4億、何の為におろすことになったのか

使い道が気になるところですよね。

 

銀行がみずほ銀行だったということもあり

宝くじで当選したのではないか?

と推測している意見もありましたが

 

3億8000円という刻んだ金額というのも

おかしいですし、一人でこれだけの金額を下す

なんてことがそもそもあるのでしょうか?

 

送るにしても大体が振り込みになるだろうし

これだけの大金だとリスクを考えて

少なくても2人体制で動きそうなものですが…

 

今、予想されている使い道としては

単なる”お金の移動”と考えられていますが

振り込みや小切手じゃない時点でお察し。

 

Sponsored Links

 

被害者男性の職業や脱税の疑いについて

 

明らかにおかしい今回の事件。

足立区、福岡、韓国人 などと

疑いの要素が絶えないキーワードなわけですが

 

被害者男性の職業とはなんなのでしょうか?

ニュースでは会社員とされていましたが

どの会社の社員なのか…

 

残念ながらはっきりとした情報は

公開されていない様でしたが

 

白昼堂々の事件、以前もあった金塊事件と

酷似していること。

被害者もグルなのではないかと

疑うのは当然のことですね。

 

ただ、法的には今のところこの被害者を

どうこうできるということでもなさそうで、

うやむやになりそうな感じがしますよね。

法律もガバガバやな。なんとかせえや。

 

中には、脱税ではないかと疑う意見もあり

これだけのお金を脱税しようとした

というのであれば大問題。

 

逆に国税に批判の声もあがるほどで

闇が深い事件となりましたね。

 

 

Sponsored Links