”同性愛者”であった一之瀬文香さんと杉森茜さんが

破局したということが報じられました。

 

”同性婚”ということで話題になった彼女たちですが

実際は破局というだけで離婚ではない

ということに踏み込んでみました。

 

また、破局の原因や国籍などについても

調査してみることに。

 

Sponsored Links

 

一ノ瀬文香と杉森茜って誰?

 

 

突如破局が報じられた一ノ瀬文香と杉森茜さんですが

正直、そもそも誰なのこの人?と思った。

 

調べてみると”同性愛者”ということでこの

お二人はお付き合いをしており

2014年に同性婚を発表。

2015年には挙式もしたということで

話題になったようです。

 

職業としては一ノ瀬文香さんはタレント、

杉森茜さんはダンサ―の仕事

されていたようで、注目の的になったのだと

考えられますね。

 

年齢的にはお二人とも現時点で30代で

コメントには、子どももいずれ欲しい

という話までされていました。

 

2人の破局は離婚ではない?

 

 

そんなお二人ですが、”破局した”という

ニュースが流れていましたね。

 

このニュースも大きく取り上げられていましたが

”同性婚”をしたと言っておきながら”破局”というのは

個人的にはなにか違和感がありました。

 

なぜ、離婚という表記ではなく破局なのか。

というのも

現段階の日本では同性婚が認められておらず、

婚姻届けは不受理になっていたとのこと。

 

本人たちからすれば、”離婚”という

意識ではあるのでしょうが

ニュースとして報道する以上は

あくまでも”お付き合い”の二人が

別れて”破局”したという事にするしかない

ということですね。

 

非常に現実的というか、

同性愛がまだまだ認められない

現状というのを改めて実感した気がします。

 

Sponsored Links

 

破局の原因はすれ違いだけ!?

 

お二人が破局した原因について調べてみると

どちらかに特別な原因があるわけではなく、

どちらかが一方的に悪いとかではないと思います。

互いにうまく歩み寄って向き合っていくことが

できなかったことが原因だと、自分は考えています

とコメントを残しているようです。

 

やや抽象的なコメントですが

一言でいってしまえば”すれ違い”

ということですね。

 

僕からすれば、それくらいの意志と決意で

「結婚をした」と話していたのかと。

 

やや辛口な言い方になりましたが

もちろん、当事者でなければ分からない

苦悩などもあったとは思います。

 

ただ、特別な関係だからこそ

大切にするべきでは

なかったのかと思います。

 

世間で”歩み寄っていけない夫婦”なんて

沢山いるだろうし

色々事情があってにしても

どうしても、傍目からみると

結局その程度の恋愛ごっこだったのか

と感じてしまいます。

 

まあ、”我慢しろ”というのもおかしな話で

意見を押し付けるのはよくはないのですが

個人的には、結婚ってそういうものなのだろう

という認識をしていますし、

今回の破局は非常に残念に思いますね。

 

国籍事情はどうなっていたの?

 

 

先程は「その程度だった」という

意見を述べましたが

そう思った背景に、国籍事情があります。

 

日本ではまだ認められていない同性婚ですが

実際に同性婚を認められている国もありますし

一ノ瀬文香さんと杉森茜さんは

「結婚をしました」とコメントしていたことから

 

国籍を変えてまで結婚したのか。

それは凄いな。

と思っていました。

 

ただ、調べてみるとお二人とも日本国籍。

先述したように婚姻届けも不受理で

実際は付き合っているだけの関係。

 

もちろん、日本で同性婚を認めさせたい

という気持ちは分かりますし、それについて

否定的ではないのですが

現実的に、

今の段階でそういったことは無理。

 

とはいえ、

本当に”結婚”を望んでいるというのであれば

海外国籍に移すこともできたハズ。

 

それをしなかった理由については不明

ではあるのですが

そういった背景からも、”本気度”が

そんなになかったのではないか

と思わせてしまう。

 

もちろん、結婚した事実が全てだとは思いませんが

破局した理由も結局のところ、婚姻届けの不受理

というのも関係しているのではないか

思えてしょうがないです。

 

もし、実際に”婚姻届け”が認められていた場合は

踏みとどまれていたかも・・・

と考えてしまい、なにか、腑に落ちないというか

スッキリしない結果になりましたね。

 

Sponsored Links