笑福亭仁鶴の妻である岡本隆子さんが

亡くなられたという事が報じられました。

 

吉本新喜劇やタレントで活躍していた

岡本隆子さんですが

その死因は老衰ではないとの話が。

 

病名や持病があったのかについて

調べてみる事に。

 

Sponsored Links

 

岡本隆子とは?

 

旧姓は永隆子さんという名前でしたが

笑福亭仁鶴と結婚してからは

岡本隆子と名乗り活動をされていました。

 

 

長崎県壱岐の出身で愛称は「タカコヒメ」

吉本新喜劇の座員としても活躍され

大河ドラマ「風と雲と虹と」では

準レギュラーとして役者経験も。

 

昔からお茶の間を

楽しませてくれた人物ですね。

 

岡本隆子の死因は老衰ではない?

 

岡本隆子さんの訃報ですが、詳細については

明らかになっておらず

”死因”が現在分からない状況ですね

 

72歳という年齢で亡くなられたことから

老衰とは中々考えにくいこともあり

ネット上でも老衰ではないだろう

というコメントを多く目にします。

 

Sponsored Links

 

持病や病名は明らかになっているのか?

 

では、岡本隆子さんには持病や何か病気を患っていたのか

ということが気になりますが

こちらについても報道では触れていません。

 

今後明らかになる可能性もありますが

笑福亭仁鶴さんの願いもあって

あえて公表していないかもしれませんね。

 

訃報がニュースで取り上げられる前の

3日、4日にお通夜、葬儀告別式は行われたようですし

その可能性は高いと見ていいでしょう。

 

やはり、病気として考えられるのは

がんや肺炎などがありますが

70歳を超えると、どんな病気であっても

恐ろしいものになりますからね。

 

僕の祖父母も同じ年代なので

こういうのを目にすると心配になります。

 

 

Sponsored Links