朝の情報番組「とくダネ!」で

福岡県小郡市の事件について近隣住民の

男性に取材をしているVTRで突如

モザイクが外れるといった珍事が起こった。

 

これについてネットでは「大丈夫なのか?」

という声も広がっているが

放送上の問題や犯罪となる可能性があるのか

気になったので調べてみる事に。

 

Sponsored Links

 

とくダネ!でモザイクが外れるミス!?

 

 

まあ、この一件を見て思ったのが

ま~たフジテレビか・・・

ってことですよね。

 

・宮崎駿のコメント誤用

・ガリガリ君火星ヤシ味の誤用

そして今回のモザイク外が外れるミス。

 

モザイクをかけるのには

ものすごい手間と時間がかかるって

聞いたことはあるけど

 

事件の取材をしているだけのVTRで

そこまで男性が動くってことも

考えられないしな~。

 

最終的には完全にモザイクが外れていた

という事でしたが

VTRの見直しがきちんとされていない証拠

でしかないですよね。

 

あまりにもずさんな管理体制。

もしかして、フジテレビはスタッフの数が

足りてないのか?

 

まあ、これだけネットで叩かれてれば

新入社員の数が減るのは目に見えてるが・・・

 

Sponsored Links

 

 

モザイクなしVTRは犯罪になるのか?

 

SNSで調べてみたところ

 

このような心配するツイートが

沢山ありましたね。

 

最初からモザイクがなかった

というのであれば

”顔を出してもいい許可は得てあるのだろう”

と視聴者は感じるが

 

モザイクがかかっていた途中で突如

モザイクがなくなったというのであれば

そりゃあ、心配もされるわ(笑)

 

実際にこのモザイクが外れたVTRを

放送したことにより犯罪にならないのか

という事を調べてみた。

 

 

個人情報は

「生存する個人に関する情報であって、

当該情報に含まれる氏名、

生年月日その他の記述等により

特定の個人と識別できるもの」

 

とされているようで

今回の報道では

プライバシー権の侵害として不法行為にあたり、

そのことによって、社会的な名誉が傷ついた場合は

名誉毀損として不法行為にあたる

 

ということもあるのだとか。

 

つまり、このVTRに登場したおじさんが

名誉毀損だと訴えた場合

不法行為に当たる可能性も0ではないということ。

 

さらに調べてみると一方では

個人情報保護法を遵守する対象になる者は、

営利目的、非営利目的に限らず、

個人情報を事業に利用している者で

報道、著述、学術研究、宗教、政治を

除いた業界

 

とあり、報道は除かれないということも

分かり、どちらの意見が優先されるのかは

よくわかりませんね。

 

所謂、「報道の自由」と「プライバシー侵害」

のどちらが勝るかといったところでしょうか

 

ただ、とくダネ!の一件を見てみる限り

どう見てもフジ側のミスにしか思えないし

もしVTRのおじさんが名誉毀損や

プライバシー侵害と感じれば

起訴することもあるんじゃないかな。

 

フジテレビの放送上の問題について

 

 

このとくダネ!のモザイクミスについて

放送当時、番組内で謝罪するということも

無かったそうです。

 

まあ、モザイクが外れても大丈夫だよ

という一般住民のおじさんが許可した

可能性もあるだろうが

 

それなら最初からモザイクは付けない

ハズだしな~。

 

先述したように最近のフジテレビは

”情報”に関して非常に弱いし

責任感というのがまるで感じられない。

 

SNSのガセネタに踊らされ

確認も取らないうえ、

許可もなくネタとして報道し、

更には一般住民のプライバシーに

関わるような大問題まで起こして

謝罪もしない。

 

ここ数年前からネットでかなり

批判的な意見が飛び交うようになった

フジテレビですが

こんなことしてたら、信用も失うし

苦情も来るに決まってるわ。

 

極端な発想なのは自分でも分かるが、

責任が取れないのであれば

ニュース番組においてはもう

全て中止にした方がいい。

 

Sponsored Links