ロンドンの高層タワーマンションで

火災が起こり、負傷者が多数いることが

話題になっていますね。

 

そんな今回の大火災ですが

タワーマンションの火災となった原因は

なんだったのでしょうか?

 

建物の正式名称や突貫工事の有無などに

ついても気になったので調べてみる事に!

 

Sponsored Links

 

ロンドンのタワーマンションで火災!

 

 

突如報じられたイギリスロンドンの

タワーマンション火災。

 

炎は全体に広がり、負傷者もかなりの数が

いるということで話は持ち切りですね。

まるで映画のような燃え広がり方で

数キロ先からでも確認できるほど

燃え上っているらしい。

 

建物が大きかったこともあり

残念ながら死亡者も出ているとのこと。

 

ロンドン消防当局は

消防士たちは鎮火に全力をあげている

とコメントを残しており

今なお鎮火中であることが分かります。

 

少しでも被害が少なくなるように

願うばかりです。

 

[quads id=2]

 

ロンドンのタワーマンション火災の原因って!?

 

気になるのが、このタワーマンションの

火災の”原因”ですよね。

 

調べてみたところ、現段階では

”原因は調査中”ということになっています。

 

恐らく消火するまで

分からないかと思われますね。

 

ただ、可能性としてある程度

原因については予想されており

 

その原因がつい最近まで行われていた

改装工事が原因ではないかというもの。

 

戸数を増やすために工事をしていた

ということですが

警報機もなにやら作動していなかった

という情報もありますし

 

突貫工事をしたことにより

例えば漏電などによる電気火災などが

考えられますね。

 

日本でもまだ突貫工事の被害は

あるらしいけど、海外だとその数も

増えるだろうしな~・・・

 

にしても、こういうことを想定せず

高いマンションに住めるって

結構スゴイですよね。

 

バ〇と煙は高い所に登りたがる

とよく言いますが

こういうのを見ると例え金持ちでも

高層マンションには住みたくなくなるわ。

 

ロンドンのタワーマンションの正式名称って?

 

 

今回火災になったタワーマンションですが

一体どんな名前のマンションなのか

気になったので調べてみると

 

ロンドン西部にある

グレンフェル・タワー

というそうです。

 

調べてみると意外と大きい

マンションだそうで

内装も複雑な構造になっており

今回の負傷者の把握が難しいとのこと。

 

警報機も作動しないし、超燃えるし

デカイだけのポンコツタワーじゃねえか・・・

 

これは事故というより事件問題に

なってもおかしくないのではないでしょうか。