鈴木砂羽さんが初演出

を手がける舞台

「結婚の条件」で

 

出演する予定だった

鳳恵弥と牧野美千子が

急きょ降板したことが

明らかになりました

 

その理由には

「土下座を強要された」

などのことが

ブログに書かれたわけですが

 

劇団側は「事実とは違う」と

真っ向から否定。

 

土下座の強要は嘘なのか

ということについてや

「人道にもとる数々の行為」

とは一体なんなのか・・・

ということについて

調べてみることに!

 

Sponsored Links

 

鳳恵弥って誰!?

 

 

今回、土下座を強要された

という理由から

鈴木砂羽さんが演出する

舞台を降板した

 

鳳恵弥という人物だが

そもそも誰なのか・・・

 

簡単にプロフィールなどを

調べてみると

 

生年月日1981年1月4日
現年齢 36歳
出身地 東京都
血液型 A型

2000年に芸能界デビューし

女優としてCM、TV、舞台

など幅広く活躍。

 

だが、一般的に

広く知られるヒット作

にも巡り会えていない

中々、世間的に知っている

という人は少ない

んじゃあないかと思うね!

 

2000年デビュー

ってェーことだから

普通に今年で17年目

と考えると

 

それなりに周りからは

信頼されるような

立場になってくる

頃だろうか・・・?

 

芸能界もましてや舞台の

あれこれなんて全く

知らねェーから

わからないが

 

まァ、年齢的に考えても

そんな感じだろォーな!

 

今回の1件がどのような

終幕を向かえるのか

全く予想がつかないが

彼女なりの言い分もあるし

”鈴木砂羽”という

ネームバリューだけで

「こっちのほうが正しい」

と決めつけないように

していきたいところではある!

 

鳳恵弥の土下座を強要された真相は嘘!?

 

 

女優として舞台で稽古に

励んでいた鳳恵弥さんだが

 

今回「結婚の条件」を

降板した理由には

鈴木砂羽らが土下座を

強要したとしている。

 

これについて、劇団側は

真っ向から「強要はしていない」

と否定していることから

 

バトルが展開している

わけだが強要したのか

していないのかの

真相はどちらなのだろうか・・・

 

あくまでも

俺のしょうもない人生による

経験からの参考だが

 

こういう場合は

どちらも勘違いしている

パターンだなァー

 

鳳恵弥は土下座を強要された

として頭を下げているが

 

鈴木砂羽側は強要していない

としているところからして

 

本当に”その間”って

感じじゃあないか?

 

”勘違い”と言っても

良いかも知れねェーな。

 

今回の1件による

ブログでの報告を見る限り

確かにこれは

「強要はしていない」

と俺も思ったッ!

 

だが、それに近いような

いつまでも謝罪に納得せず

より、深い反省の姿を

見せるよう促す行為

あったようだし

 

結果的に謝罪をする側

(今回の鳳恵弥側)が

仕方なく土下座をした

という感じになったのだろう。

 

謝る姿に納得せずに

『ぬるいわね』と吐き捨て

更に追い込もうという

一部引用:https://ameblo.jp/ohtori-emi/entry-12309964709.html

 

という文からしても

 

「土下座をしろ」と実際に

言われたわけではないが

土下座をしないと

進まない状況にした

ということだろうか・・・?

と考えることはできる!

 

まァ、俺は現場に

いたわけでもねェーし

心が読めるって

わけでもねェーから

 

俺の予想や想像が

入ってしまっているが

 

今回の

鳳恵弥の「土下座の強要」

という真相は

捉え方によっては”嘘”

にもなるし”本当”にもなる

グレーなところだろう・・・

 

そうだなァー例えるなら

小学生の時に

しょうもないことで

クソッタレ教師が怒り

職員室に帰り

 

学級委員が仕方なく

説得しに行くというか

クラスを代表して

反省の弁を述べる

感じじゃあないだろうか?

 

あれ、実際のところ

誰も納得しないし

一部、本当に関係のない

人間からすれば

本当に時間の無駄だが・・・

 

そう聞くと、今回の

”教師”である

劇団側に問題があるようにも

考えられるが

 

両者の言い分が詳細まで

事細かく分からない今は

中立でいるべきだなァー

 

 

 

鳳恵弥のプロ意識が問題?

 

舞台は相当厳しいとも聞くし

そういう意味では

「これくらいでヘコたれるな」

「プロっぽくない女優が増えた」

という意見もあるようだが

 

俺としては”理不尽”な説教や

”無意味”なダメ出し

というのは

本当に時間の無駄だとは

思うがね・・・

 

そういったことを考慮すると

鳳恵弥さんと

牧野美千子さんの

降板は正しい選択

とも言えるし

”耐える時期”と

捉えるなら

我慢すべきところだった

 

とも思えるねェー

 

そう言うと

”中途半端”な意見だと

いわれそうなンだが

 

実際にお互い中途半端な

理解や絆で舞台に望んでいた

結果だと思うぜ!

 

今回の土下座を

強要罪として起訴するのか

知らねェーけど

これも中途半端に

終わるんじゃあないかねェ。

 

ただ、こう言うと悪いが

そういうところが

 

”女優・鳳恵弥”としての

中途半端な結果や

成果、成績

させているンじゃあないか

とも思うなァー

 

なんというか・・・

やはり、突き抜けている

女優さんたちって

何がなンでもって言う

「覚悟」があると思うぜ!

 

土下座の強要があった

としても最終的には

中途半端で終わった

という”結果だけ”

残っているわけだし

 

結果を重要視する

一流の女優さんには

なれないンじゃあ

ないかなァーって

感じたぜ。

 

実際に、プロデューサーの

江頭美智留さんも鈴木砂羽に

”謝罪をした側”であるのに

今回は「強要ではない」

として踏ん張っているしよォ

 

そういう人がいるから

 

作品に”愛がない”と

勝手に断定し

降板した鳳恵弥は

”その程度だ”と

周りから思われるだろう。

 

なんというか、本当に

難しい”中間”であり

何とも言えないから

賛否両論がある

ところじゃあないだろうか

 

俺としては

”時代には沿っていない”

方法ではあるが

”一流としては必要なこと”

とも思っているッ!

 

まァ、芸能人を目指した

わけでもねェーから

大したことは言えんが・・・

 

先程も例にしたが

ジェネレーションギャップ

のある

大きい小学生と教師

の喧嘩みたいだなァー

 

人道にもとる数々の行為の内容とは?

 

 

鳳恵弥の報告では

「人道にもとる数々の行為」

という面白い表現が

あったンだが

 

その内容とは

どんなものなのだろうか・・・

 

もちろん、その中には

”土下座の半強要”

もあるのだろうが

 

ソレ以外で調べてみると

 

自分がセリフが入らないのを

脚本のせいにして

何度も書き直させる行為

 

稽古場外で自分の味方の

キャストを増やし、

飲みに誘っては

気に入らないキャストや

江頭先生の悪口を

吹き込んでいる姿

 

舞台の雰囲気や空気を

悪戯に掻き回す行為

 

などが取り上げられており

そういう姿に

納得できなかったのだろう。

 

鳳恵弥という人物は

「納得」は全てにおいて

優先するぜッ!

ってタイプであり

 

今回の理不尽で無駄で

無意味な行為には

全く納得ができなかった

ということなのだろう。

 

そういう意味では

”人としては正しい”ことを

していると思うンだが

 

だからこそ”芸能界では”

ってところがあるンじゃあ

ないかねェー・・・

 

まァ、鈴木砂羽の

人間性はTVで見ていても

なんとなァーく

分かっていたし

 

苦手な人も居るだろうなァ

って感じだったから

つくづく、鳳恵弥と

牧野美千子とは

相性が悪かったンだろう。

 

恐らく、俺も鈴木砂羽とは

気が合わないタイプだし

生きてればそういう人には

絶対に会うから

割り切るしかないよなァー

 

ってことで今回はこの辺でェー

アリーヴェデルチ

 

 

Sponsored Links