元NSA職員で

世紀の暴露をした

エドワード・スノーデン。

 

TVで取り上げられることも

ときおりありますが

今、現在の仕事や生活は

どのようなものなのでしょうか?

 

彼女や日本の滞在時期

などについても

調べてみることに!

 

Sponsored Links

エドワード・スノーデンってどんな人物!?

 

 

既に、歴史に残るであろう

人物であるエドワード・スノーデン

のことを全く知らない

という人は、かなり少ない・・・

 

というか、名前くらいは

知らなきゃヤバい

と個人的には思うくらいだが

 

まずは、簡単に

エドワード・スノーデンが

どんな人物なのか

どういうことをしたのか

についてまとめてみる。

 

 名前 エドワード・ジョセフ・スノーデン
生年月日 1983年6月21日34歳
アメリカ合衆国
ノースカロライナ州 エリザベスシティ
住居 ロシア(滞在場所非公開)
国籍 アメリカ合衆国

スノーデンはアメリカ合衆国の

NSA(アメリカ国家安全保障局)

CIA(中央情報局)

の元局員。

 

システム分析官として、

アメリカ合衆国連邦政府

による情報収集を

していたわけだが

 

香港にて

ガーディアン、ワシントン・ポスト

などによるメディアを通じて

 

NSAの個人情報収集の

手口(方法)を告発した

ことが世界的に話題になった。

 

日本ではそこまで

超大々的に取り上げられた

という印象は受けなかったが

 

当時、個人的にはスゴイ

衝撃的でヤバイことだ

と感じていた。

 

ただ、普通にPCもスマホも

使いまくっているし

ハッキングの防御術なんて

ろくに知らないから

NSAが本気になれば

情報流出

しまくりだろうなァ~・・・

 

 

NSAは世界中で6万1000件もの

ハッキングを行っている

などということを全て話し

 

結果的にロシアへ渡航することに。

その際、スノーデンは

香港国際航空発の

ロシア・モスクワ行きの

飛行機に搭乗したのだが

 

アメリカはパスポートの

執行手続をしていたという。

 

ただ、それに不備があるとして

香港側はスノーデンの

香港出国を止めず、

スノーデンは無事、ロシアへ

 

その後は亡命者として

ロシアにとどまっている。

 

情報を暴露することにより

命の危険すらあることを

しでかしたスノーデンだが

 

その功績(?)は讃えられ

一躍有名人になった。

 

その後は映画化や

ドキュメンタリー化され

 

2015年の

”citizen Four”では

アカデミー賞の

長編ドキュメンタリー賞を

受賞している。

 

俺自身も2016年公開の

映画「スノーデン」を

見たことがあるが

スノーデン【Blu-ray】 [ ジョセフ・ゴードン=レヴィット ]
あれはどうも、実話で

ありながらもフィクション感

があったり

長ったらしくて

あまり好きにはなれなかった。

 

まぁ、彼がどういうことを

したのかということについて

知るのであれば

いいきっかけになる

映画ではあるのは確かなので

一度見てみることをオススメする。

エドワード・スノーデンの今現在の仕事や生活は!?

 

 

そんな、アメリカから追われる

身となったスノーデンですが

ロシアに亡命後・・・

 

今、現在はいったい

どのような仕事をして

どんな生活を送っているのか

ということが気になりますね。

 

基本的に、情報を暴露した

スノーデンは自らの

プライバシーを

ホイホイと人に教えたり

することはないので

 

本当の”現在”については

彼の関係者くらいしか

知らないだろうが

調べられる限りだが

 

現在の仕事としては

スノーデンは

 

インターネット上で活動し、

収入を得ている!

もちろん、俗に言う

youtuberなんかよりは

よほど生産的な仕事だ(笑)

 

その他にも

インターネットで公開講演

を行ったり、

インターネット上の

ジャーナリストの

安全性を高める

ツールを開発したりしている

とのことで

 

流石に元々優秀であることや

有名人であることもあって

亡命後

”仕事”に困っている

ということはないのだとか。

 

一方で彼の生活は

マンションでずっと

PCに向かっている

とのことで

”ひっそり暮らしている”

という情報が多い。

 

会話は英語のままで

ロシアに定住するつもりは

ないのだとか・・・

 

2017年2月23日号の

文春の記事では

 

2月10日、プーチン大統領が

NSA元局員である

エドワード・スノーデンを

トランプ米大統領に

「お土産」として

引き渡すことを検討している

 

 

ということを明らかにした。

 

ロシアに亡命し

1月には、

在留許可が2020年まで

延長された

と言われていたが

 

結局は、ロシアの

”取引物”として所有

されていたような感じで

個人的には何か

嫌だなァ~・・・

 

ただ、この報道に対し

スノーデンは

 

これで自分がロシア情報当局の

協力者でないことを証明できた

 

と喜びを表す一方で

 

もし、私が米国に

強制的に送られれば

人権問題になる。

私は大統領批判を

行なっていない。

憲法に反する政策に

反対しているまでだ。

偉大な米国を再び取り戻したい

 

とも話している。

 

スノーデン側の弁護士曰く

ロシアがスノーデンを

アメリカへ渡したがっている

ということはないと

否定しているものの

 

スノーデン本人が

アメリカへ帰りたがっており

大統領が訴えてこないことを

希望しているのだとか・・・

 

だがそこには

”公正な裁判が

保証されるなら”

が前提。

 

この話しを聞く限りでは

スノーデンは結局のところ

批判されることや亡命も覚悟

してはいたものの

”アメリカのため”に

情報を暴露したと

言えるのではないだろうか?

 

ただ、一方で仮に

強制送還になった場合は

30年間の服役となる

可能性もある

ということで

 

これはもうトランプ次第

といったところなのだとか!

 

よりによって

最悪の大統領の時に

強制送還なんて

不運だとは思うが・・・

 

トランプも

良くわからんやつだし

”どうなるのか”というのは

奴しだいだから

 

確実に強制送還を

しようとする

大統領よりは

 

”逆によかった”とも

考えられる。

 

これからスノーデンが

どうなるのか

注目が集まるところだ!

 

 

 

エドワード・スノーデンの彼女は!?

 

そんな、エドワード・スノーデンにも

彼女がいるということで

映画などでも登場していたが

 

その彼女はスノーデンと

ロシアで同居しているのだとか。

 

一時期は、スノーデンが

ロシア亡命のために

アメリカへ置き去りとなり

”別れた”ことを

匂わせるコメントも

残していたようだが

 

彼女もロシアへ向かった

ということは

かなり本気じゃあないだろうか?

 

こんな女性に

追いかけられる

男になりたいものだ・・・

 

その彼女の名前というのが

”リンジー・ミルズ”さん。

 

彼女はダンサーで

 

画像の通り

かなりの美人!

 

この時

俺は少しだけスノーデンに

嫌悪感を抱いたのは事実だ。

 

正直、スノーデンの1件は

”何が正しい”のかが

さっぱり分からないのだが

 

まぁ、そこまで米国が

欲している

というのであれば

スノーデンの情報は

事実だったとも

考えられるし

 

スノーデンと彼女、家族に

危害が加わらないように

最善を尽くして

欲しいところだ。

 

エドワード・スノーデンと日本の滞在時期

 

 

さて、そんな

エドワード・スノーデン

ですが

実はスノーデン

日本に滞在していた

時期がある・・・!

 

当時、スノーデンは

NSAの仕事を請け負う

コンピュータ会社デルの

社員として

2009年に来日し

東京都福生市で

2年間暮らしていた

とのこと!

 

勤務先は、

米空軍横田基地内

日本のNSA本部

ということで

 

非常に重要な部分の

仕事をしていたことが

分かるが・・・

 

その中でスノーデンは

日本がハイテク

監視社会になるということを

警告するような

書籍もだしているし

スノーデン 日本への警告 (集英社新書) [ エドワード・スノーデン ]

 

日本は米国のことを

なんでも聞いてくれる

協力的な国なのに

スパイをしていたことは

馬鹿げていると批判。

 

同時にショックも

受けていたという・・・

 

 

そして、

日本にいる時期に

彼女とも出会った

ということのようだ。

 

のろけ話し強制送還ってか?

やかましわ。

 

ってことで今回はこの辺で

アリーヴェデルチ

 

Sponsored Links