”デザイン海苔”

あまり聞き慣れない言葉ですが

世界でも大注目された

美術的商品で

 

TV番組「nextクリエイター」にて

紹介された海野洋行さんが

プロデューサーと制作を

されていますね!

 

ひと目見てしまえば

ちょっと欲しいかも!

と思ってしまいますが

 

通販で購入する方法は

あるのでしょうか?

 

更には値段や味の口コミや

評判も気になったので

調べてみることに!

 

Sponsored Links

 

海野洋行のデザイン海苔とは!?

 

TVでも放送されたことにより

需要が高まりそうな

”デザイン海苔”。

 

デザイン海苔とはなんぞや?

ということですが

その名の通り、”海苔”に

デザインを施した海苔を

 

略称して”デザイン海苔”

と名付けているようですね!

 

言葉で説明しても

わけがわからないという

人もいるでしょうから

画像を見てみると・・・

 

 

 

細かーっ!

 

幾何学模様といえば

いいのでしょうか?

同じ模様が緻密に繋がり

一枚の海苔でできています!

 

芸術性があって

これは美しい・・・

 

だけど、ずーっと見てると

なんだか気持ち悪く

なってきそうですよね!

 

なんだか希少価値が

あるというか

食べるのが勿体無いし

パーティーくらいでしか

使えないよこんなの・・・

 

ま、パーティーできるほど

友達いないんだけど!

 

ヤバイ、一生食えないかも。

 

そして何より、貧乏性から

すれば、勿体無い感が

半端じゃあないねコレ。

 

その切り抜いたとこも

海苔でいっぱいにしてくれよ!

って思っちゃう・・・

 

こういう商品にそういうのは

超ナンセンスではあるけど

実際に切り抜いた部分

だけでもかなりの量が

あるんじゃあないですか?

 

製作者側からの視点だと

不良品というか、

破れてしまった海苔も

出て来ることもあるだろうし

 

ジャパニーズ特有の

もったいない精神に

スゴイ厳しい海苔だな!

デザイン海苔を制作する目的とは?

 

 

とはいえ、このデザイン海苔を

作ろうとした目的を聞けば

ちょっとはその勿体無い精神も

和らぐ可能性もあるッ!

 

ということでなぜこの

デザイン海苔を作ったのか

目的やキッカケが

気になったので調べてみると

 

食生活の変化によって、

板海苔の消費は下降傾向にあり、

さらに震災の影響により、

生産地の海藻業も

甚大な被害を受けた。

そこで、海藻文化の魅力を広く伝え、

新たな話題性を醸成するため、

板海苔自体をリデザイン。

板海苔にレーザーカッティングの

技術で古来より日本に伝わる紋様を施した。

それぞれの紋様

(亀甲、組亀甲、麻の葉、水玉、桜)には

長寿、子供の生育、幸運、美しさ等の

祈りが込められている。

日常の生活の祈りをデザインとして

取り込んできた日本人の美意識と、

完成された機能を持つことで

500年変わる事のなかった板

海苔を融合させ、

全く新しい海苔を完成させた。

 

 

いや、長いよ!

 

 

要約すると

食変化で海苔の需要が

下がったから、海苔の文化を

広めるために

 

日本古来の模様を

デザインすることにより

海苔の素晴らしさと

日本の美意識を伝えよう

 

ということで制作された

商品がこのデザイン海苔

だそうですね!

 

もっと短く言えば

海苔・・・流行らねーなぁ。

そうだ、インスタ映えする

海苔を作れば行けるぜ!

ってことですわ。

 

にしても、ここまで細かく

加工できる

レーザーカッティング

技術ってのはスゴイ!

 

海苔よりもその技術のほうが

注目されちゃったりして。

 

で、ちなみにレーザーカッターで

出た切り屑などはふりかけにも

使われているということで

捨てるところはまず出ないのだとか。

 

これで、勿体無い精神を持っている

人も安心して購入できるぞッ!

 

 

 

デザイン海苔を通販で購入する方法は?

 

 

さて、そんなデザイン海苔ですが

作品を見た瞬間に欲しい!

と思う人もいるでしょう。

 

ということで海野洋行さんが

作るデザイン海苔を

通販で購入する方法に

ついて調べてみると・・・

 

デザイン海苔を販売している

のは”海野海藻店”さん

というところなのですが

 

”デザイン海苔”については

ネット通販では購入することはできない

ようですね!

 

ではどこで買えるのか?

ということですが

 

三菱一号館美術館での販売

東京・丸の内「KITTE」

販売されていることがあるようです。

 

売り切れなどの可能性も

十分にありえるということなので

公式のフェイスブック

↓から登録しておくことをオススメ。

 


 

通販が無いというのは

商売的にも痛いのかな?

と思っていたのですが

 

海野海藻店は”わかめ”を

メインに取り扱っている

ということなので

実際のところはそこまで

”デザイン海苔”での儲け

というのは気にしていないかも。

 

ここまで緻密で繊細な

商品だと運搬中に

海苔が破れちゃったりする

おそれがあるのでそもそも

通販をメインで販売する

というのは難しいのでは

ないでしょうか?

 

調べてみるとこのデザイン海苔は

コスト的な面などもあってか

完全受注生産ということで

上記にあるような

かなり限られたところでしか

販売されていないとのことなので

かなりレアもの商品ですね。

 

遠方の方からすれば

手に入れづらい商品ですし

お土産としても充分にアリ

ではないでしょうか。

デザイン海苔の値段は!?

 

 

そんなデザイン海苔ですが

完全受注生産と聞くと

気になるのが

”お値段”ですよね!

 

お土産に、そこまでバカ高い

お金払えねーよ!

って人もいるだろうし・・・

 

個人的にもここまでの

付加価値がつくとどれだけ

値段が跳ね上がるのか

気になったので調べてみると

 

1つ840円~15000円

かなり値段の幅が

あるようですね!

 

やはりデザイン性だったり

海苔の大きさ、枚数によって

変わってくるようです。

 

にしても最低840円。

高いんだなこれが!

 

だけど実際はこの値段でも

即完売するレベルの

人気商品ということだし

 

世界で注目されるような商品を

手に入れられたら

ものすごいラッキーですね!

 

デザイン海苔の味や口コミは!?

 

まぁ、値段はいいとして

デザイン性だけでお金を

取られて、味が最悪だったら

元も子もないというか

 

「結局のところ味は?」

って気になりますよね。

 

今の時代は便利に

なったものですわ。

デザイン海苔について

口コミを調べてみると

 

やはりカットすることによって

量自体が少なくなるので

”味”という面での評価は

あまりよろしくない様子。

 

一部では工芸品として

見るべき商品だ

というような意見も

あるくらいだったので

 

まずい訳ではないですが

”味を楽しむ”ことにおいては

微妙とのことです。

 

ま、購入する前に

それくらいは覚悟して

買うとは思うんだけど・・・

 

これで味がしない!

なんてクレームを入れる

奴って常識ハズレもいいとこだよ。

 

海苔の情報については

海苔自体は宮城県の三陸産。

肉厚で光沢がある海苔で

ベタっとすることなく

デザイン海苔に向いている

海苔だとのこと!

 

海苔本来の味はかなり

美味しい味とのことです。

 

そもそも海藻店屋さんの

海苔がまずいわけねーわ。

 

肉厚でカットされた部分を

カバーできればよかった

ところなのですが

流石に、そこまでには

至らなかったようですね・・・

 

やはりデザイン海苔は

”グルメ”や”美食家”向け

というよりは

パーティーピーポー向け

商品というか

 

”海苔を流行らすため”の

商品ということですね。

 

食べるラー油みたいなもんだ!

いや、ちょっと違うか。

 

ってことで今回はこの辺でおわり!

 

 

Sponsored Links