突然の報道に驚いた人も多い小室哲哉の引退。

この度、彼の引退について小室みつ子という人が

介護を言い訳にしているという小室哲哉の批判に

ついて反論をしたことが話題になっています。

 

とはいえ、小室みつ子・・・って誰?

ドユコト?って人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人の為に、小室みつ子と小室哲哉の関係

についてや結婚相手について調べてみることに!

 

現在の仕事や彼女のエピソードとして有名な

ガレージ事件についてもまとめてみました!

 

Sponsored Links

 

小室みつ子って誰?小室哲哉との関係について!

 

 

今回引退を発表した小室哲哉に対し、批判する輩に

反論をぶちかましたことで話題になっている

小室みつ子さんですが、そもそも誰?という方も

いるかと思ったので、まずは簡単にご紹介。

名前 小室みつ子
愛称 みっちゃん、みっこ、西門加里
生誕 1957年12月29日(60歳)
出身地 茨城県土浦市
学歴 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
著作家
小説家
随筆家
評論家
担当楽器 歌、ピアノ、キーボード
活動期間 1981年 –
事務所 ソニー・ミュージックパブリッシング

基本的に執筆活動家として生計を立てている

ことがこのプロフィールにより分かるかと思います。

 

小室哲哉との関係性についてですが

知られているのが

TMNETWORKへの歌詞提供です!

 

あまり歌詞提供者の名前なんて

気にしたことが無い人もいるかと思いますが

ファンには結構有名な話で

TMNETWORKでも大人気の曲である

Get Wildの作詞はこの小室みつ子さんによるもの!

 

さらには機動戦士ガンダムにも起用された

BEYOND THE TIMEなどの作詞提供も

されていることで知られています。

 

で、一番気になるところである

”小室”という苗字。

 

実は小室哲哉さんはみつ子さんのことを

ラジオなどでは「お姉さん」と呼んだり

したことから

小室哲哉との血縁関係があるのではないか?

と誤解されがち。

 

実際は血縁関係は全く無いということで

作詞提供をしてくれるビジネス仲間

といったところですね。

もちろん、仲はかなりいいようです。

小室みつ子の結婚相手とは!?

 

さて、そんな誤解されがちな小室みつ子さんですが

結婚されているのでしょうか?

気になったので調べてみたのですが

 

当時TMNETWORKなどアーティストを担当していた

EPICソニーのプロデューサーである小坂洋二さんと

結婚されたものの2003年に離婚成立。

 

再婚しているという情報は公開されていないため

現在、独身である可能性が高いと言われています。

もう、男にはウンザリということでしょうかね?

 

Sponsored Link

 

小室みつ子のガレージ事件!?

 

そんな小室みつ子さんの有名なエピソード

というのが「ガレージ事件」

 

そのままエピソードを丸々引用させてもらうと

その日、小室みつ子は自宅のガレージにいる猫の親子を、
設置したビデオカメラで生中継(ネット配信)していた。

しかし、突然中継の映像が止まってしまったため、
ガレージ内の様子を見に行ったところ、
ガレージの扉を開閉するためのリモコンの電池が切れてしまい、
ガレージ内に閉じ込められてしまう。
扉が開かず、ガレージから出られなくなってしまった彼女は、
中継用のPCで浅倉大介に連絡を取り、
その後、駆けつけた浅倉に救出された。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E3%81%BF%E3%81%A4%E5%AD%90

 

 

中継用のPCがあったからよかったのですが

これらの通信手段が無かったらと考えると

どのようなことになっていのか

わからない事案ですよね~・・・

 

今となっては彼女の笑い話に

なっているのかもしれませんが

いざ自分が経験したらと考えると

パニックになってしまう人もいるのでは?

 

電池が切れるというなんとも典型的な

失敗ではありますが、

そんなおちゃめな一面があるのが

小室みつ子さんです(笑)

 

 

小室みつ子の現在の仕事は?

 

大学 勉強

 

というわけでTMNETWORKとはつながりの深い

小室みつ子さんですが、現在の仕事は

どのようなことをされているのでしょうか?

 

調べてみると歌詞などの執筆活動の他

作詞セミナーなどを開催しているようで

今なお、相変わらずお忙しい様子。

年齢としても60歳ということなので

体調にはお気をつけて活動を続けてほしいです。

 

今回の小室哲哉の引退について

本当に悲しまれている中で

彼への批判について反論し

 

長年、状況を表に言わなかった。
妻を思いやって言えなかったと思う。
最後に正直に伝えただけだと思う。
伝える必要のないことまで…。
よく精神的にもっていたなと思うくらい大変な状況だったのに

 

と同情の言葉を露わにされています。

 

今回の小室哲哉引退騒動については

いままで数々の不倫事情を暴いてきた文春を

批判することも多いようですし

彼の引退によってこれら週刊誌の見方が

変わってきた印象を受けますね。

 

やはりダメなことはダメだと言う人もいれば

今回の小室哲哉に関しては立場や状況が

いくらなんでも”単なる不倫”として

批判することは出来ないだろう

という賛否両論がありますよね。

はっきりさせておくと僕は後者の意見です。

 

かつて、自身も取り沙汰された

ホリエモンこと堀江貴文さんも

今回文春への世間の目が変わったことについて

「ほれ見たことか」と言わんばかりの

発言をされていましたが、悔しいことに

まさにその通りの結果になりましたね。

 

こればかりは、いくらアンチであれ、

ホリエモンの先見の明を認めざるをえないでしょう。

 

この一件に関して、週刊誌への過剰な

プライバシー侵害や発言など見直されるといい

のですが、彼らも仕事として丸く収まる

つもりはないでしょうし・・・

これも一つの問題なのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link