フィギュアスケート団体で韓国チームでガメリンと

ペアを組んでいたミンユラにハプニングが!

 

衣装がはだけてしまったということで

日本でも大きく取り上げられることに

なってしまいましたが

当時のハプニング動画や画像についてまとめてみることに!

 

衣装の減点やホックが外れてしまった原因

についても気になったので調べてみました!

 

Sponsored Links

 

ミンユラってどんな選手!?

 

今回の平昌オリンピックで本人からしてみれば

あまり嬉しくないであろうとりあげ方をされてしまった

韓国のミンユラ選手。

 

いったいどんな選手なのか気になったので

調べてみると・・・

 

 

出典:https://twitter.com/scriptvoid/status/854836397747847168

代表国: 韓国
生年月日: 1995年8月15日(22歳)
出生地: アメリカ合衆国 オレンジ郡
身長: 165 cm
パートナー: アレクサンダー・ガメリン
元パートナー: ティモシー・コレト、イゴール・オガイ

韓国の選手ではありますが

出身地はアメリカということで

グローバルな人物なのでしょうかね?

 

ちなみに、ご両親は二人とも

韓国人ということなので

ハーフということではなさそうです。

 

成績としては、2013-2014の韓国選手権で

優勝を経験するものの

それ以降の優勝経験は無いとのこと。

 

しかし、2015-2016や2016-2017の大会でも

表彰台に上がるなど、ココ数年の調子は良さげ。

2017-2018では表彰台には上がれないものの

4位という結果を残すことが多く

今回の平昌オリンピックでも期待されていた

選手ではあったのでしょうが

このハプニングで残念な結果に・・・。

 

まぁ、これも”プロ”としては自己責任

ということになるのでしょうが

見ている側としては同情してしまう部分もありますね。

ミンユラのハプニング動画や画像について!

 

さて、というわけで今回衣装がはだけてしまうという

ハプニングに陥ってしまったミンユラさんの

画像や動画がないのか気になったので調べてみると

 

現時点では、まだ動画は見つかりませんでした。

ただ、ここまでニュースになっているので

TVなどオリンピックの特集で放送されることに

なるかもしれないので要チェック・・・!

 

出典:https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/figureskate/photonews/photonews_nsInc_201802110000401-2.html

 

そして、画像がこちら・・・!

ミンユラ選手が左手で必死にホックを

止めなおそうとしている姿が。

 

男性からすれば「おぉっ!」と

言いかねない状況ではありますが

ミンユラ選手本人からすれば

「最悪・・・」

「やっちまった・・・」

といった気持ちで焦りまくりでしょうね!

 

それでも、ガメリン選手のフォローもあって

無事に最後まで踊りきることが出来たのは

プロだからこそというべきではないでしょうか。

 

相方としてしっかりフォローしてあげる

ガメリン選手の神対応には女性陣が

「きゃーっ!」という感じでしょうか(笑)

 

彼のように相手を支えられるような紳士を

見習わなければいけないのでしょうが

ネットの反応はというと以下のありさま。

 

 

 

まぁ・・・この反応が正常といえば

正常なのでしょうけどね~(笑)

 

平昌オリンピックの動画ではありませんが

ほぼ同じ(?)衣装で演技をする動画があったので

こちらもみてみると・・・


元々がかなりセクシーな衣装なんですよねこれ。

動画中盤のダンスもかなり激しい感じですし

こんなダンスを続けていればいずれは・・・

というなるべくして起こったハプニングなのかな~と。

 

Sponsored Link

 

衣装の減点やホックが外れた原因は?

 

フィギュアスケートでは、今回のようなハプニングが

起こった場合、減点対象になるのかなど

気になったので調べてみると

衣装はスポーツ競技用として過度に肌を出したように
見えるものであってはならない。
男性はズボンを着用しなければならず、
タイツは許可されていない。
アクセサリーや小道具を用いたりすることは
許可されていない。
衣装の装飾は、非着脱式でなければならない。

 

ということで衣装の減点もかなり厳しい様子。

 

調べてみると、過去に高橋大輔選手が

衣装の羽が落ちたということで

1点の減点を受けることになったそうです。

 

それらを踏まえても

今回のミンユラ選手の衣装ハプニングも

減点の対象になったのではないでしょうか・・・?

 

ミンユラ選手としても、衣装が気になって

ダンスに集中することができなかったでしょうし

満足のいく結果ではなかったでしょうね~。

 

この出来事から、来年はちょっと控えめな

衣装になってしまうのではないかと・・・。

男性陣としては残念ですね(笑)

 

さて、今回ホックが外れてしまった原因

についてですが、こちらについては

本人からのコメントも見つからず

具体的なことはわかりませんでした。

 

ただ、考えられることとしては

・同じ衣装を使ったことによるホックのゆるみ

・相方ガメリン選手の腕が当たった

・激しいダンスによりホックが外れた

といったことでしょうかね

 

個人的には、ホックが首後ろの一点で

止められていることも原因ではないかと思います。

 

ダンスにより上半身を反った時などに

広背筋が動けばそのホックの部分も緩むことになりますし

逆に前傾姿勢になればホックが引っ張られる状況になるので

そのような運動が演技内での繰り返しによって

外れることになってしまったのではないでしょうか。

 

色々なことに気を使わないといけない

スケートも大変ではありますよね~。

 

Sponsored Link

Sponsored Link