男子スケートで宇野昌磨選手、羽生結弦選手が
金メダルと銀メダルの1位、2位で
話題になっていますが

 

平昌オリンピックでは
女性の選手がハプニング続きですね。
今大会で既に衣装がはだけてしまったという
選手が出てしまったわけですが

 

その中の1人
フランスペアのガブリエラパパダキスの
放送事故の動画や画像がヤバイ!

 

衣装がはだけるハプニングをつくった
犯人は誰なのか調べてみることに。

 

Sponsored Links

ガブリエラパパダキスってどんな選手?

 

今回、衣装がはだけてしまうハプニングを
起こしてしまったガブリエラパパダキスですが
一体、どんな選手なのでしょうか?
まずは簡単にプロフィールから
まとめてみることに。

 

出典:https://instagrammernews.com/detail/1610867889202679467

名前:ガブリエラ・パパダキス
英語表記:Gabriella Papadakis
生年月日:1995年5月10日
出身地/代表国:フランス
パートナー:ギョーム・シゼロン
所属:Auvergne Clermont

 

これまでのスケートの成績を見てみると

2015,2016,2017
欧州選手権優勝

2015,2016
世界選手権優勝

2018
ヨーロッパフィギュアスケート選手権優勝
平昌オリンピック銀メダル

 

と、ペアの競技では超トップレベルの
スケーターでここ数年では
”負け無し”と言えるほどの成績を
残しているスゴイ選手です。

 

今回の平昌オリンピックでも
とんでもないハプニングがありながらも
2位という結果に終わっていますし
アレさえなければ1位で終えることが出来た
可能性も充分にあり得る
ペアでしたので
あのハプニングは悔やむところが
多いのではないでしょうか?

それでも笑顔で演技をしていた彼女の
プロ意識というものは素晴らしいですね!

 

ガブリエラパパダキスの放送事故ハプニングの画像や動画は?

 

さて、そんなガブリエラパパダキス選手ですが
今回のハプニング映像というのは
オリンピックということもあって
全世界に流れることになってしまった。

 

勿論、それは日本も例外ではなかったようで
BSだったとは言え、NHKで今回の放送事故の
動画がそのまま放送されたようです。

 

これには、ガブリエラパパダキス選手も

最悪の悪夢です。でも、演技を続ける以外に
選択肢はありませんでした。やるしかなかった

とコメントを残しているようです。

 

午後に放送された録画の再放送では
例のハプニングの部分はカットされ
放送されたようですが・・・

一度、放送されてしまっている時点で
今の時代では時既に遅しともいえますよね。

 

その当時の画像や動画についても
ネット上では存在しているようですが
大人の事情もありますし、
更なる拡散を防ぐためにも
こうした場での公開はやめておきましょう。

 


出典:http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4993275&media_id=8

 

これは相方であるシゼロン選手が
パパダキス選手の首元のホックを
戻してあげようとしている写真。
こういうところに紳士さを感じますね

 

こちらは平昌ではなく
ヨーロッパ選手権の動画です。
こちらも背中が開いた
セクシーな衣装ですね!

こうした”ペア”の競技ですと
相方と恋愛関係にあるのではないか?
ということも気になりますし
実際にパパダキス選手とシゼロン選手は
彼氏彼女の関係で付き合っているのか
ということについて調べてみると

 

実は、パパダキス選手は彼氏がいることを
インタビューで答えているようで
そのお相手はシゼロン選手ではなく
イタリア人の男性だそうですよ。

つまり、シゼロン選手とパパダキス選手は
恋愛関係ではない
ということがわかりました。

 

それはそれで、彼氏としては今回のハプニングは
嫌な気持ちにはなりそうですよね・・・。
ある程度はこういうことも覚悟している
人でないと彼氏はつとまりませんな!

 

Sponsored Link

 

ガブリエラパパダキスの衣装ハプニングの犯人は誰!?

今回の平昌オリンピックでは
2度目となる衣装がはだけるハプニング
が起こってしまったわけですが

一人目であるミンユラ選手は
後日、しっかりと衣装を手直しして
万全な体制で競技に臨んでいました。

その際に
「誰かが引きはがさない限り、
絶対(衣装が)はだけることはなかった」
と笑顔で語り少し自虐的な要素が
入ったコメントは可愛らしかったですね!

一方で、悪夢と発言したガブリエラパパダキス。
まぁ、彼女の場合は隠したい部分が
見えてしまったということもあるので
(ミンユラ選手は見えなかった)

銀メダルを獲得しても気分としては
あまり乗り気にはなれないでしょうね~
いや、知らんけど。

 

それにしても、一つの大会で
ここまでハプニング続きになることって
あるのでしょうか・・・?

 

そもそもペアアイススケートの競技では
このようなことが意外と頻繁に起きる
というのであれば納得できるのですが、
フランスペアの場合は超有力候補だった
ということもあるので

誰か犯人がいるのではないか?
と疑う人も出てくるかと思います。

ただ、やはり出場選手もプロですし
減点対象となり得るので
そうしたことには常に気にしているハズ。

 

あくまでも個人的な見解ではありますが
今回の衣装についてのハプニングは
本当に偶然が重なったものであり
第三者による衣装への細工などは
まず、ありえないのではないかと思います。

 

開催国が韓国ということもあり
「犯人がいるのではないか」
という思考に陥ってしまう場合も
あるかとは思いますが・・・

 

”管理”などからしてまずそうしたことは
物理的に不可能な場合が多いでしょうからね。

 

今回の場合は、フランスペアが
そんな不運も乗り越え銀メダルを獲得した
ということで
素直に拍手を送ってあげたいです!

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link