235キロものスピードを高速道路で出し
逮捕された白井容疑者。

前代未聞とも言える速度ですが
そんな速度を可能にした
白井容疑者が所有している車種とは
何だったのでしょうか?

Facebookアカウントや免許停止についても
気になったので調べてみることに!

Sponsored Links

 

白井容疑者のスピード違反がやばい

 

法定速度を大幅に上回る速度で高速道路を
運転したとして逮捕された白井容疑者。

所謂スピード違反というものだが
そのスピードがやばかった・・・

ニュースで既にご存知の人も多いだろうが
その速度はおよそ235キロだったという。

高速道路は基本的に最低速度50キロ
最高では100キロと認識されているが
逮捕された白井容疑者は
最高速度の2倍以上の速度で走行した。

普通に考えれば高速道路を利用するにしても
「200キロを出そう」なんて考える人は
まずいないだろう。

しかも、報道によるとこのような違反を
繰り返していたということに驚き。

いままで事故が起こらなかったことが
唯一良かったこととも言える。

運転している身からすれば
こんなヤツの巻き添えを食らって
車がおしゃかになったり
大怪我や死亡するなんて
まっぴらごめんですからね。

こういう違反をしているやつを見ると
ルールを守っている側が
報われていないような感じがして
腹立たしいばかりです。

最近だと高速道路で煽り運転をして
路上で停車させて事故を招いたヤツだったり
”注意していても避けられない”
ことが起きてしまうのは辛いですよね

230キロを超える速度で運転していた
白井容疑者が正当に処分されることに
今後も注目されることでしょう。

235キロを出した車種とは!?

報道では乗用車を運転していたと言われていた
白井容疑者ではありますが
普通に考えて、乗用車で235キロなんて
出せる速度ではありませんよね。

何かしらの改造などを加えたのか?
など疑問に思い、犯行に及んだ車の
車種について調べてみると

ダッチ・チャレンジャー
(ダッチ・チャージャーとも)
と呼ばれる車に乗っていたようで
この車はアメリカ産の所謂アメ車。

世界で大人気の自動車を題材にした映画
ワイルド・スピード(Fast&Furious)
シリーズで主人公であるドミニクが
愛用した車種として有名な車ですね!

今回の容疑者がどれだけ
ファンだったのかなんてことは
全くわかりませんが

実際に法定速度を超えて運転してはダメ
に決まっていますよね。

確かに、あの映画をみると
気分が高揚して運転したくなる
気持ちも分からなくはないですが
結局は映画の世界ですから。

しかも、もう一人の主人公でもあった
俳優のポール・ウォーカーは
車の事故によって亡くなっていますし

そういう全体像を知っていれば
まずスピードを出そうなんて思わない
映画だとは思いますが・・・

それとも、単純にダッチチャレンジャーが
好きだったアメ車ファンだったのか。

この車について調べてみると
排気量が6400ccというモンスターレベルの
車であり最高速度は300キロを
超えることも可能なんだとか。

 

僕もワイルド・スピードは好きですけど
スピードなんて出そうと思いませんし
大人しいCVTの軽自動車に乗ってますよ。

ワイルドなスピードとかいう
B級映画のようにね!

 

流石にこの映画は見ようと思わない(笑)

DVD/洋画/ワイルドなスピード! AHO MISSION (廉価版)/ACBF-90917
 

容疑者のFacebookアカウントは!?

報道によると、容疑者には
Facebookアカウントがある
ということだが気になったので
こちらについても調べてみたのですが

Facebookアカウントの特定にまでは至らず。
プロフィール的な情報を集めてみると

年齢:41歳
所在地:東京都世田谷
職業:会社員

ということが明かされていました。

報道では口ひげ、あごひげが生え
髪は後ろにあげており
オールバックのような状態の姿が。

本人は自分かどうかわからないとして
容疑を否認しているようですが
首都高のオービスで中指を立てる姿
などが確認されていることからして
ほぼ間違いないでしょう。

 

Sponsored Link

 

容疑者は免許取消や停止になるのか?

 

さて、今回の逮捕できになるのが
免許の取り消しや停止についてですよね。

これについてはまだ情報が入っておらず
どのような処分が下されるのか
ということも分かっていません。

ただ、幾度も繰り返していたという
報道であったり、今回の大幅な速度超過
によるものであれば

一発免許取消ということになっても
不思議ではない事例だと思います。

速度超過について調べてみると
時速50km以上の超過で12点減点
ということになるようです。

免許停止は1年以内に15点~24点の違反
ということでしたので
一度だけの速度超過では免許取消ではなく
免許停止ということになります。

ただ、先述したように今回の容疑者は
繰り返し行なっていたということですから
これらの違反が認められれば
免許取消ということになるでしょうね。

とはいえ、あれだけの速度違反で
一発で免許取消にならないとは・・・
恐ろしいものですね。

 

Sponsored Link

Sponsored Link