またもや日大運動部に問題が。
日大チアリーディング部監督が
部員に対してパワハラをしていたという。

そんな監督の画像やこれからの処分が
解雇になるのかといったこと、更には
新監督が誰になるのかについても
調べてみることに。

Sponsored Links

日大チアリーディング部でパワハラ

日大といえば、アメリカンフットボール部で
問題になった悪質タックルが記憶に新しい。

その中で今回、報道で取り上げられたのが
日大チアリーディング部内でのパワハラ。

部員内での内輪もめであれば
少なからず、ありそうなものだが

日大では部の”トップ”でもある
監督でのパワハラが多い・・・。

一体どんなパワハラが行われていたのか
ということですが

女性監督がチアリーディング部員全員の
前で一人の部員を名指しし
「大雪の日に事務員に頼んで
練習をなくそうとした」という
事実ではない事で叱ったことや

怪我からの復帰で遅れている部員に対し
怪我は嘘だと決めつけ
大会に出場させようとしたこと、

部員が強豪高校のジャージを
身につけていたところ
「学校の恥。今すぐ脱げ」
など強要したことが問題に。

中には、他の部員にも追い詰められて
大学に通うことすらできなくなった
という部員や適応障害を発症する
部員がいたということが
報じられています。

パワハラをしている監督も
問題ではあるのですが
同調して一人を責めていた部員、
そしてなにより
アメフト部のときからも取り上げられた
”保健体育審議会が対応しない”という
ことも日大では問題となっています。

チアリーディング部のパワハラにネットの反応は?

さて、この日大チアリーディング部の
パワハラ問題に対して、ネットでは
どのような意見が飛び交っているのか
気になったので調べてみると・・・

 

 

これらを見てみるとやはり
”パワハラ”に対する意識が
世間でも高まっていることがわかりますね

パワハラ問題は日大に限らず
様々な組織内であることなのでしょうが
日大としてのイメージダウンは
決定的とも言えるでしょう。

Twitterを拝見していると
”〇〇大学でもパワハラがある”
といった旨の内容が見られましたし
日大に限ったことではないことは
言うまでもありません。

 

ただ、パワハラとの境界線を
見極めるということも難しく
運動部として時には厳しく接する必要も
あることでしょう。

選手や部員たちがそれで
頑張ろうという気持ちになり
必死に努力することもあるので・・・

ただ、今回のパワハラに関する内容を
見る限りだと、部員を大学に通えないほど
追い詰めているということですので
日大チア部の教育というのは
”パワハラ認定されるもの”だと
個人的には思っています。

まぁ、まずはチア部なんかよりも
大学の単位を取ることが重要なわけで
もちろん、部活動が評価されることも
ありますがこれでは本末転倒ですよね。

もし、大学を辞めることになれば
その部員の人生を大きく狂わすことにも
発展していくわけですし

日大の監督だけではなく
同じく一人を責めていた部員であったり
保健体育審議会にも多くの責任が
あることは確かでしょう。

それにしても、大学にまでなっても
ここまで幼稚なパワハラがあるとはね。

サークルではなく”部”になると
それなりに本気で取り組むところが
多いですし、今パワハラに悩んでいる
という大学生や高校生は”部を辞める”
という判断をしても全然いいと
思いますけどね。

まぁ、好きで始めているので
中々辞めるということは難しいのかも
しれませんが

ここまで陰湿なことをされると
自分が大きく出るか、辞めるか
2つの選択しか無いように思います。

今回のパワハラの場合は監督だけでなく
部員も関わってきているので
客観的に見ると”辞める”という選択肢を
とってしまったほうが良いかもしれません。

一人ではなく組織でのパワハラとなれば
”監督が変わったところで”
という部分もあるでしょうからね。

高校、大学と聞くと大事な青春の時間
のようにも思いますが
人生のトータルで考えたときに
それは数年という短い期間ですし
その後の人生の方が長い。

もちろん、その時間軸には
価値観の違いはありますが
無理に嫌な奴と付き合うことこそ
その時間が無駄だったと
後悔することもあるわけで、

他人に合わせるよりも
自分の利益や安定を取ることが
大切な時がほとんどだと思います。

それこそ、高校や大学に通えなく
なるほどであれば思い切って
辞めてみる道も全然ありでしょう。

結局のところ、その決断は
自分しかできないことなので
沢山悩むことになるのでしょうが・・・

日大チア部監督の画像と経歴

では、今回パワハラ認定された
日大チアリーディング部の監督の画像や
経歴について調べてみました。

 

名前:大野美幸
学歴:日本大学習志野高校/日大
部歴:チアリーダー部(高校)
応援リーダー部(大学)
2015 日大応援リーダー部監督就任

 

現在、大野監督の処分については
言及されておらず発表待ちになっています。
※2018/8/9 /13:30

 

高校から日大のチアリーダー部(応援部)
としての活動をしてきただけに
熱意のある指導はしてきたのでしょうが

今回のパワハラはその熱意が
一部の部員と噛み合わず
一方的に責める結果になってしまった
ということでしょうかね・・・?

それこそ、”価値観の違い”もありますし
中には大野監督の指導を評価している
部員もいるかもしれません。

一緒に責めていた部員としても
今回の被害者を”やる気がない”と
いう風に見えていた可能性もありますし

もちろん、パワハラ認定されているので
今回、どちらが悪いのかは明白ですし
援護する気持ちも無いのですが
被害者とチア部の”熱意の差”が
パワハラに駆り立てたことも
原因としてはありそうです。

自分たちが全力でやっているのに、
手を抜いた人やふざけている人がいると
”輪を乱す”ことに繋がりますし

結果的に今回の被害者は少なくとも
日大のチアリーディング部(応援リーダー部)
には合わなかったということでしょう。

無理して日大のチアリーディング部に
所属しなくとも、チアリーディングを
続けられる道は他にも沢山あるでしょうし
被害者もチアリーディングが
好きなのであればそういう選択ができる
ということを知ってほしいですね。

日大チアリーディング部の新監督は誰?

さて、ではパワハラとされた
今回の新監督は誰になるのか
ということですが

調べてみると大野美幸監督が
7月に女性部員に謝罪したようで
現在も指導を続けているという。

一部の行き過ぎた指導については
反省をしている部分を踏まえて
指導継続という形をとっているのでしょうが

正式な処分が出てしまうと
解任(解雇)という可能性も
捨てきれませんね。

新監督についての情報も今はなく
状況によって、決めていくのでしょうが
臨時としてコーチが監督を務めたり
外部から新たに呼んでくるということも
考えられます。

実際に、適応障害を発症するほど
追い詰めてしまっているのは事実ですし
大野美幸氏が解任する処分もあるでしょう

パワハラ認定は難しい問題ですが
今回は”やりすぎ”レベルですからね。

 

Sponsored Link

Sponsored Link