大人気SF映画プレデターシリーズの

中でも異色の雰囲気が楽しめる

『プレデターズ』。

その作品で出演している日本人の

ハンゾーを演じている俳優(役者)

は誰なのでしょうか?

国籍などのプロフィールや

現在の出演作品について

調べてみることに!

 

Sponsored Links

 

プレデターズ日本人役の俳優は誰?

『プレデターズ』では

プレデターとのサバイバルバトル

が魅力的な映画ではありますが

その中で我々が非常に魅力を感じる

日本人のハンゾーという

キャラクターがいますよね。

 

あのプレデターと日本刀で一騎打ちする

かっこいいキャラクターではありますが

この日本人役を演じている俳優は

誰なのか気になりませんか?

 

日本人のハンゾー役を演じたのは

ルイ・オザワという俳優です。

銃がメインとなる闘いの中で

侍らしい役は海外でも

人気になっているのだろうか?

 

 

坊主頭にヒゲが似合っている

俳優さんで、プレデターズでも

ひときわ目立つキャラクターでしたが

 

その時とは違って

こうした画像では優しそうな

顔立ちであることがわかります。

 

ルイ・オザワの国籍は?

さて、そんな日本人役で出演した

ルイ・オザワさんではありますが

もともと日本国籍なのだろうか?

と気になった人もいるでしょう。

 

僕も気になったので調べてみたのですが

ルイ・オザワさんは

日本人の母と台湾人の父の間に

うまれたハーフで

国籍はアメリカ合衆国だそうです。

 

とはいえ、日本語も喋れるようで

日本のメディアには日本語で

対応できるほどなのだとか。

 

アメリカのロードアイランド州にある

ブラウン大学を卒業しており

高学歴の俳優さんでもあります。

 

1976年生まれで

2018年の現在は41歳。

▼『プレデターズ』を無料視聴するなら

 

 

 

ルイ・オザワの現在と出演作品について

一通り、プロフィールがわかったところで

現在のルイ・オザワさんは

どんな作品に出演しているのか

『プレデターズ』だけではなく

他の出演作品について調べてみました。

 

まず、最近の出演作について

調べて見ると

2016年のスペクトルという映画に

チェン軍曹として出演。

 

ただ、ストリーミング配信で

あまり有名な作品とは思えません。

 

ある程度有名な作品で絞ると

2012年のボーン・レガシー

2013年のエージェントオブシールド

にも出演されていたことがわかります。

 

ただ、やはり彼が出演した中で

1番の作品となったのは

『プレデターズ』のようですね。

 

こうしてみると

アジア系の俳優としては

アメリカでも人気の部類に見えますね!

日本もこの人を逆輸入して

ドラマなどに起用すればいいのに…

 

特に最近では、海外に行く

俳優や女優さんも多いようだし

色々な知識を取り入れるためにも

最適な人物とも思えるが。

 

ルイ・オザワさんはインスタも

やっているようで

 

 

View this post on Instagram

 

Ready for the next #bladerunner Fresh cut and Sci-Fi headshot by @thecutbywade

Louis Ozawa Changchienさん(@louisozawa)がシェアした投稿 –


そこで近況をみてみると

結婚もされていて

子どももいるようですね

 

幸せそうな写真が沢山

アップロードされていたので

プレデターズでファンになった方は

彼のインスタを覗いてみるのも

いいかもしれません。

 

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link